刀 浪華住三代月山貞勝(花押)
(なにわじゅうさんだいがっさんさだかつ)
昭和十二年紀元節
木村本家家宝御守刀 銘雲龍以余鉄作之


Katana:Naniwaju Sandai Gassan Sadakatsu



現代・奈良
特別保存刀剣鑑定書付き
自筆箱書き有り




刃長:69.6(二尺三寸弱) 反り:2.2 元幅:3.35
先幅:2.32 元重ね:0.72 先重ね:0.62 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 表は護摩箸、裏は三鈷柄付き剣の彫り。 鍛え、波状にうねる綾杉肌が判然と現れ、地沸を微塵に厚く敷き、地景が繁く入り、地鉄精良。 刃文、直調で、刃縁沸匂い深く明るく冴え、刃中綾杉鍛えが絡んで金筋、砂流し烈しく掛かる。 帽子、直調で先大丸風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 自筆箱書き有り。



【コメント】
 月山貞勝は英太郎と言い、明治二年、初代月山貞一の長男として生まれ、貞一の晩年には父を助け、代作を数多くこなしています。父没後は月山家を継ぎ、天皇陛下の大元帥刀を始め、皇太子殿下、皇孫殿下の守護刀など、数多くの皇室御用刀、元帥刀などの各御賜刀を作刀しています。当時、元帥刀製作の御命賜ったのは、月山貞勝、森岡正吉、笠間一貫斎繁継、堀井秀明(俊秀)の四名のみです。昭和十年には、大阪鎗屋町にあった鍛錬場を、奈良県吉野山に移しています。大阪月山家の棟梁として、大正期から昭和初期に掛けて活躍、家伝の月山綾杉伝の他、備前伝を得意としました。昭和十八年、七十四歳没。
 本作は昭和十二年、同工六十八歳の頃、前述した奈良県吉野山の鍛刀所で製作された晩年作、寸法二尺三寸弱、身幅ガシッとした重量感のある綾杉伝の優品です。
 この頃の貞勝の作は、寸法二尺二寸五分前後、太刀風の上品なスタイルが多い中、流石は注文打ちだけに迫力が違います。
 地沸を微塵に厚く敷いた地鉄には、波状にうねる綾杉肌が判然と現れ、肌目に沿って地景が繁く入り、直調の焼き刃には、刃に綾杉鍛えが絡んで刃中には煌めくような波状の金筋、砂流しが烈しく掛かっています。地刃すこぶる健全、表裏腰元の月山彫りも見事です。
 茎に刻まれているように、本作は木村長門守重成の姉婿の末裔、十九代孫木村権右衛門直隆が、貞勝に注文した貴重な一振りです。
 木村重成は豊臣家重臣で、秀頼(秀吉の三男で実質的な跡継ぎ)に仕えた人物、『大坂夏の陣』で討死しましたが、その姉婿である猪飼野左馬助(いかいのさまのすけ)の子孫が本刀の注文主です。
 木村家に伝わる名刀と言えば、重成が『大坂冬の陣』で手柄を立てた際に、秀頼から拝領したと伝わる重要文化財名物『骨喰藤四郎(現在は秀吉の御霊が祀られる京都の豊国神社所蔵)』などが有名ですが、木村家にはこれ以外に、雲龍、白龍と号された刀が伝来しており、本刀はその余鉄の一部を使用して作刀したというような旨が、貞勝自筆の箱書きに記載してあります。
 豊臣家重臣、木村長門守重成の姉婿家系に伝わる貴重な一振り、月山貞勝渾身の綾杉鍛えに月山彫りのある傑作、これは見逃せない逸品です。


















商品番号:N-527 刀 浪華住三代月山貞勝(花押) 昭和十二年紀元節 木村本家家宝御守刀 銘雲龍以余鉄作之 特別保存刀剣鑑定書付き 自筆箱書き有り

価格: ¥2,800,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ