刀 越後国義光作
(えちごのくによしみつつくる)
昭和六十三年十二月吉日


Katana:Echigonokuni Yoshimitsu



現代・東京 拵え付き
無鑑査刀匠




刃長:73.0(二尺四寸一分弱) 反り:2.2 元幅:3.48
先幅:2.78 元重ね:0.73 先重ね:0.53 穴1




鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先張り気味に延び心。 表裏棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、板目肌がやや沈み勝ちに良く詰み、所々流れ心に上品に肌立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、重花丁子乱れを主体とし、総体的にやや逆掛かり、刃縁匂い勝ちで明るく締まり、刃中丁子足、葉が間断なく入る。 帽子、乱れ込んで焼き深く先小丸風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
打ち刀拵え(現代作 全長104 柄長25.5 鞘 黒の呂塗り 下げ緒黒 柄 鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅研磨地高彫色絵、梅枝に梟の図 目貫、赤銅容彫色絵、桜花図 鍔 鉄地猪の目透木瓜形、真鍮据紋象嵌 唐草図)付き。



【コメント】
 義光は大野三男と言い、昭和二十三年、現在の新潟市西区大野町に生まれました。昭和四十四年、東京へ出て吉原義人、荘二門下に入り、昭和五十一年に独立し、地元に鍛刀場を設立、昭和五十二年、結婚を機に吉川姓となり、東京に新居を構えました。以降昭和六十二年まで、新作名刀展に於いて、高松宮賞五回、努力賞四回、奨励賞、文化庁長官賞と毎年受賞、昭和六十二年六月、無鑑査に認定されました。
 備前伝丁子刃の探究とその美しさに於いては他の追随を許さず、世上、『大野丁子』と呼称される華麗な重花丁子乱れを得意とします。
 本作は正に同工の真骨頂とも言える備前一文字写し、昭和六十三年、同工四十歳の頃の作です。
 寸法二尺四寸一分弱、切っ先強く張って伸び心、南北朝盛期の豪壮無比な太刀姿を示しており、重花丁子乱れを主体とした焼き刃は、総体的にやや逆掛かり、刃縁匂い勝ちで明るく締まり、刃中丁子足、葉が間断なく入っています。
 この頃は無鑑査認定後で、『大野丁子』完成期に当たるため、地刃の冴えは素晴らしいものがあります。
 義光は一文字派の丁子刃に付いて自書等で、『一文字刀工が、如何にしてこのような華やかな刃文を生み出せたのかは分からないが、おそらく刃文の限界、華やかさの限界、自らの技術の限界を追い求めた結果の産物である。』と分析し、更に『同じ刀工として思いも付かない刃文であるが、生涯を掛けてその最高峰を目指したい。』と述べています。
 無鑑査刀匠大野義光による、比類無き『大野丁子』の会心作です。
















【売約済】 商品番号:N-546 刀 越後国義光作 昭和六十三年十二月吉日 無鑑査刀匠 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ