刀 (金粉銘)兼定(之定)
(かねさだ)
光遜(花押)


Katana:Kanesada



古刀・美濃 室町後期 最上作 最上大業物 拵え付き
保存刀剣鑑定書及び光遜折紙付き




刃長:77.5(二尺五寸五分強) 反り:2.0 元幅:3.16
先幅:2.20 元重ね:0.65 先重ね:0.47 穴2




鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先やや強く張る。 鍛え、板目肌流れ心に良く詰み、所々上品に肌立ち、地沸厚く付き、細かな地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、焼き頭の丸い互の目、角張った刃、小互の目、丁子風の刃を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、やや沈み勝ちに締まり、刃中葉、小足入り、柔らかな金筋、砂流し掛かる。 帽子、乱れ込んで焼き深く、先掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銀に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ、細かな刃アタリ有り)。 白鞘入り。
打ち刀拵え(近代作 全長105.5 柄長23 鞘 赤茶呂塗り 返り角黒塗り 下げ緒黒 柄 親鮫に鉄紺柄巻き 縁頭、赤銅研磨地据え文象嵌金色絵、九曜紋図 目貫、赤銅容彫金色絵、桜に九曜紋図 鍔 鉄研磨地、銀据文象嵌、大透図)付き。



【コメント】
本作は生ぶ無銘、寸法二尺五寸五分強、切っ先強く張り気味、先反りやや深めに付くなど、永正、大永頃の打刀スタイルを示した長尺刀です。
地刃健やか、この寸法と重量感、スッと鞘から抜いた瞬間、何とも言えない名品の雰囲気漂う一振りです。
茎表裏には『兼定(之定銘) 光遜(花押)』と本阿弥光遜による金粉銘極めがあり、保存鑑定書でもこの金粉銘を認めています。加えて昭和十七年、光遜の折紙も付属、『細川侯爵家伝来品』とあり、『代金千五百貫』の代付けが成されています。
光遜は、大正~昭和前期の研ぎ師、鑑定家で、人間国宝研磨師小野光敬の師に当たり、『日本刀の掟と特徴』の著者としても有名です。明治十二年生まれ、本阿弥成善(琳雅)に弟子入りし、昭和三十年、『日本刀の掟と特徴』を出版、翌年死去。
本作は板目肌流れ心に良く詰んだ地鉄、互の目乱れを主体に、焼き頭の丸い互の目、角張った刃、小互の目、丁子風の刃を交えた焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、やや沈み勝ちに締まり、刃中葉、小足入り、柔らかな金筋、砂流しが掛かっています。帽子も乱れ込んで焼き深く、先掃き掛けて長く返るなど、如何にも之定らしい刃形を示しており、長尺でこの重量感、在銘なら大変です。
最上大業物に列せられる之定の斬れ味にまつわる言い伝えは、数多くありますが、中でもその凄まじい斬れ味に驚愕した織田信長が、『人間無骨』と刻み付けた十文字槍は有名です。『人間無骨』とは、呼んで字の如く『人間の骨など無いも同然』の意、それ位何の抵抗もなく斬れる之定の斬れ味、美濃古刀が全般に良く斬れることは知られていますが、その最高峰が之定であることはもはや動かし難い事実でしょう。
最上作にして最上大業物、和泉守兼定の自信作、あの信長も身震いしたその斬れ味、大変立派な之定です。


















【売約済】商品番号:N-791 刀 (金粉銘)兼定(之定) 光遜(花押) 保存刀剣鑑定書及び光遜折紙付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年9月号
(8
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ