刀 土佐住則親
(とさじゅうのりちか)
平成十二二年八月


Katana:Tosaju Norichila



現代・高知 拵え入り



刃長:76.2(二尺五寸一分強) 反り:2.1 元幅:3.30
先幅:2.41 元重ね:0.75 先重ね:0.50 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先延びる。 表裏棒樋を掻き通す。 鍛え、板目肌沈み勝ちに良く詰み、所々流れ肌細かく肌立ち、地景入り、地沸付き、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体とし、小互の目、大房丁子を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり気味となり、刃中葉、丁子足繁く入る。 帽子、乱れ込んで焼き深く、先僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨。 
打ち刀拵え(現代作 全長105.5 柄長 24.3 鞘 黒石目地 下げ緒紫 柄 鮫に黒裏革柄巻き 縁、赤銅魚子地高彫色絵、狩猟の図 頭、赤銅魚子地高彫色絵、富士見西行図 目貫、素銅地容彫金象嵌、縄結び図 鍔 鉄地撫角形、桜散らし図)入り。



【コメント】
則親は、佐竹勝則と言い、昭和三十年生まれ、高知県四万十市古尾(こび)にて鍛刀する名工で、同じ高知出身の靖国刀匠、刈谷直秀の門人です。
作風は、終始一貫して備前伝、匂い勝ちに締まった柔らかで華やかな丁子乱れは、『佐竹丁子』と呼ばれ、近年では数少ない備前伝の追求者であることから、『土佐一文字』とも呼ばれる名工ですが、ここ数年は中々新作刀が出回らないため、出た時は必ず押さえたい刀工です。
本作は平成十四年(二〇〇二)、同工四十七歳の頃で、その真骨頂である備前一文字の華やかな丁子刃を再現した会心の一振りです。
寸法二尺五寸一分強、切っ先グッと延びた力感溢れるスタイルは、南北朝中期の雄渾な太刀姿を存分に示しています。
互の目丁子乱れを主体とし、小互の目、大房丁子を交えた焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり気味となり、刃中葉、丁子足繁く入っています。
品のある華やかさを備えた『佐竹丁子』を堪能出来る一振り、拵え入りで鞘を払って1,092g、居合い用でも即仕えます。
















商品番号:N-792 刀 土佐住則親 平成十二二年八月 拵え入り

価格: ¥430,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年9月号
(8
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ