変わり大薙刀 予州住治綱同忰仍脩作
(よしゅうじゅうはるつなどうせがれなおのぶつくる)
応需土州藩士間崎氏藤原則衡鍛之


Naginata:Yosyuju Harutsuna Dousegare Naonobu



新々刀・伊予 江戸末期 拵え入り



刃長:54.0(一尺七寸八分) 元幅:3.72 元重ね:0.87 穴2



薙刀造り、庵棟尋常。 鍛え、板目沈み勝ちで、流れ肌を交えて肌立ち、地沸厚く付き、白け心があり、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、刃縁沸匂い付いてやや潤み、刃中小足入る。 帽子、湾れ調で僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 時代研磨(ヒケ、小サビ、曇り有り)。
薙刀拵え(江戸期 全長195 鞘57 柄134 柄 茶の塗り 逆輪、胴金、石突き、剣片喰紋等全ては真鍮地毛彫、菊唐草模様図 鞘 オリジナルに倣って新しく作られたもの、変則的に二つに割れる形状の鞘 色は茶石目)入り。



【コメント】
幕末期の変わり薙刀、特注による大珍品、作者は伊予の治綱と、『同忰(どうせがれ)』とありますので、息子の仍脩(なおのぶ)による合作です。刀工の詳細は不明で、注文主は、土州藩士間崎則衡(のりひら)とあります。同じく幕末の土佐藩士に、土佐勤王党の中核人物としても活躍した間崎哲馬則弘がいますが、おそらく同族かと思われます。
刃先が二股に分かれた特異なすたいる、全長二メートル弱で、身幅も凄いです。全体的にヒケ、曇り等がありますが、刀身は健全で迫力満点、ズシンと重いです。
昭和六十一年(一九八六)、京都嵐山美術館に於ける『武家美術資料展』の展示品で、同年発行の『鉄と漆の芸術 京都嵐山美術館蔵品集』所載品です。










【売約済】商品番号:N-961 変わり大薙刀 予州住治綱同忰仍脩作 応需土州藩士間崎氏藤原則衡鍛之 拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年2月号
(1
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ