刀 兼延(無銘)
(かねのぶ)


Katana:Kanenobu(Mumei)



古刀・美濃 南北朝末期~室町初期 拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.2(二尺三寸七分) 反り:2.2 元幅:2.92
先幅:2.02 元重ね:0.67 先重ね:0.48 穴4(内2埋)




鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 表は棒樋、裏は二筋樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目に杢目、流れ肌交じり所々大模様に肌立ち、地沸厚く付き、地景良く入り、地鉄良好。 刃文、小互の目乱れを主体に、尖り風の刃、小乱れ交じり、刃縁良く沸え付いてほつれ交じり、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で大丸風となり、先掃き掛け僅かに返る。 茎大磨り上げ、先浅い栗尻、鑢不明。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
打ち刀拵え(現代作 全長101.5 柄長25 鞘 黒の呂鞘 長寸下げ緒茶に紺の斑 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、銀地鋤出彫、老松図 目貫、赤銅容彫色絵、梅枝図 鍔 赤銅地打ち出し彫、山水図)付き。   



【コメント】
本作は大磨り上げ無銘、鑑定では『無銘(兼延)』と極めています。現在の日刀保鑑定に於いて、この極めが付いた作は、『南北朝末期乃至(ないし)室町初期の直江志津系兼延』と解釈します。これは協会にも確認済みです。これが南北朝中期を下らないものであれば『無銘(兼延)(直江志津)』、若しくは『無銘(直江志津)』となり、室町末期なら『無銘(兼延)(志賀関)』となります。
美濃国には、志津三郎兼氏の死後、その門弟であった兼俊、兼友、兼延、兼次らが、志津から程近い直江(現養老郡養老町直江)の地に移住して鍛刀しました。これらを総称して、『直江志津』と呼びます。直江鍛冶の全盛期は南北朝中期貞治(一三六二~六七)頃、室町初期応永末年頃には次第に振るわなくなり、以降嘉吉(一四四一~四三)頃に掛けて美濃赤坂や関などへ移住、それぞれの流派として吸収されたものの考えられています。本作はその過渡期の作かと思われます。
寸法二尺三寸七分、板目に杢目、流れ肌を交えた地鉄は、地景を繁く配しうねるように肌立ち、互の目乱れを主体に、尖り風の刃、小乱れ交じりの刃文は、刃縁良く沸え付いてほつれ交じり、刃中金筋、砂流し掛かるなど、如何にも美濃系の出来ですが、地刃が古調であり、刀姿などからしても南北朝末期は下らない感じです。地に少し鍛え肌もありますが、寸法も充分で姿も良く、拵え付きです。














商品番号:O-300 刀 兼延(無銘) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥618,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年10月号
(9
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ