刀 無銘(伝千手院)
(でんせんじゅいん)


Katana:Mumei(Den Senjuin)



古刀・大和 南北朝期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:69.8(二尺三寸強) 反り:1.4 元幅:2.87
先幅:1.73 元重ね:0.70 先重ね:0.37 穴4




鎬造り、鎬高く庵棟低め、小切っ先。 鍛え、柾目波状に流れ、所々大模様に肌立ち、地沸厚く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、細直刃調で小互の目、小乱れ交じり、刃縁良く沸付いてやや沈み勝ちとなり、ほつれ、打ちのけ、二重刃掛かり、刃中葉、小足入る。 帽子、直調で沸付いてほつれ、先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
千手院一派は、大和五派の中で最も歴史が古く、かつて若草山(現奈良公園東端に位置する山)の西山麓に千手谷と呼ばれた地があり、この付近に実在した僧院に従属した一派であったことから、この呼び名が付いたとされます。古伝書などでは、平安後期とも云われる行信、重弘を初祖として挙げていますが、確実な在銘品は皆無で、鎌倉初期になって『千手院』、『大和国住人重行』などの在銘確実な太刀が見付かっています。以降南北朝期までが同派の最盛期に当たり、重永、行吉、行正、力直、定重、力王、国吉、義弘などの名工が輩出されました。また同派からは、鎌倉末期に龍門延吉一派、南北朝期には美濃赤坂千手院一派が分派して、それぞれ繁栄しています。
本作は寸法二尺三寸、鎬高く、反りやや浅めに付いた上品なスタイルです。
柾目波状に流れ、所々大模様に肌立つ地鉄、細直刃調で小互の目、小乱れ交じりの刃文は、刃縁良く沸付いてやや沈み勝ちとなり、ほつれ、打ちのけ、二重刃掛かり、刃中葉、小足入る出来で、棟、鎬地にも断続的に焼きが入っています。
経年による総体的な研ぎ減り等もありますが、地刃が如何にも古調で味わい深く、大和物と見て千手院と極めるのが最も妥当な作域を示しているかと思います。寸法もしっかりあります。














商品番号:O-497 刀 無銘(伝千手院) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥720,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年2月号
(1
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ