刀 日州平岩住国正作之(松葉国正)
(にっしゅうひらいわじゅうくにまさこれをつくる)
平成八年春(一九九六)


Katana:Nisshu Hiraiwaju Kunimasa



現代・宮崎
無鑑査刀匠




刃長:73.0(二尺四寸一分弱) 反り:1.8 元幅:3.33
先幅:2.46 元重ね:0.75 先重ね:0.57 穴1




鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先やや詰まる。 鍛え、小板目やや沈み勝ちに詰み、所々流れて肌立ち、地沸厚く付き、地鉄概ね良好。 刃文、互の目乱れを主体に、大房丁子、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小足繁く入る。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨(小サビ、曇り有り)。 白鞘入り。



【コメント】
国正は、松葉一路(いちろ)と言い、昭和三十四年、宮崎県日向市出身、昭和五十八年、二十四歳の頃、自身が居合い抜刀に使用する刀の作刀を依頼したことが切っ掛けで、山梨の小林康宏に入門しました。小林刀匠と言えば、鉄板をも斬り裂く『リアル斬鉄剣』作者として名高い、現代刀工の革命児です。
昭和六十二年に師が没すると、同門兄弟子、岡山の安藤広清の下でさらに学び独立、故郷日向市の自宅に鍛刀場を構えました。平成二年の新作刀展覧会にて初入選すると、以後毎年出品し、日刀保協会会長賞、薫山賞、寒山賞等の特賞を連続受賞、平成二十六年に無鑑査に認定されました。
作風は、豪壮で華やかな鎌倉中期から南北朝期の備前物を狙った作を得意としています。
本作は平成八年、同工三十七歳の頃作、寸法二尺四寸一分弱、切っ先やや猪首風に詰まった勇壮なスタイル、同工の真骨頂と言える鎌倉中期の備前一文字太刀写しで、匂い出来の互の目乱れを主体にした柔らかな刃を焼いています。
地に少し鍛え肌もありますが、刀身のみで894g、お好みの外装を付けて思う存分斬って頂けます。その後は綺麗に研ぎ上げて白鞘に入れれば、鑑賞用としてもお楽しみ頂ける逸品です。
令和時代の『リアル斬鉄剣』作者、無鑑査松葉一路国正、現代最強の斬れ味です。














【売約済】商品番号:O-510 刀 日州平岩住国正作之(松葉国正)  平成八年春(一九九六) 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年2月号
(1
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ