刀 長船光忠(無銘)
(おさふねみつただ)


Katana:Osafune Mitsutada



古刀・備前 鎌倉中期 最上作
保存刀剣鑑定書付き




刃長:64.6(二尺一寸三分) 反り:1.8 元幅:2.83
先幅:1.91 元重ね:0.64 先重ね:0.42 穴2




鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先でやや詰まる。 表裏共に棒樋と添え樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々流れ心に強く肌立ち、地色明るく、地沸厚く付き、地景入り、乱れ映り判然と立ち、地鉄概ね精良。 刃文、互の目丁子乱れを主体とし、小互の目、小丁子を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、上半は明るく締まり気味、下半はやや沈み勝ちとなり、刃中丁子足、葉繁く入る。 帽子、湾れ込んで先小丸に返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に銀着せ二重ハバキ(被せ部分は金着せ)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
光忠は、刀剣史上の最大流派である長船派を築いた事実上の祖で、一門からは子の長光、真長、孫の景光を始め、多くの名工が輩出されています。
その活躍期は、鎌倉中期の宝治(一二四七~四九)から建長(一二四九~五六)頃と伝えています。同工在銘太刀は大変少なく、国指定及び認定品等々、現在確認出来るだけで全て合わせても二十振り程、短刀は皆無、特別重要の在銘の剣が一振りあり、後に重要文化財に昇格されています。
国宝指定は三振りで、徳川美術館所蔵の磨り上げ在銘太刀、無銘ながら本阿弥光徳の金象嵌極めの刀が二振りあり、永青文庫及び個人蔵です。
銘振りは、御物に『備前国長船光忠』と切ったものがありますが、それ以外は二字銘です。
作風は、姿は猪首風切っ先で身幅広く、元先身幅の差が少ない腰反りの太刀姿を基本とし、身幅尋常な物もあります。
鍛えは小板目が良く練られて詰んだものが大半、地沸が微塵に付き、乱れ映りが鮮明に立ち、冴えて明るいものとなります。
刃文は、在銘の場合、袋丁子、蛙子丁子交じりの乱れ刃主体で、刃縁匂い深く小沸付いて明るく冴え、刃中金筋、砂流し絡んだ刃を焼きますが、腰元の乱れは小模様、物打ち付近は互の目が目立つのが特徴です。同時期の福岡一文字のように 総体的に焼きが高く、丁子が奔放自在に乱れる大出来にはならないのもポイントです。中には銘を見なければ 古備前風の直刃調に丁子、互の目、小乱れ交じりの古調な出来もあります。ただ無銘極めは、幅広で豪壮な姿に華やかな乱れを焼いたものが大半です。帽子は湾れ込むか少し乱れて先尖り風に僅かに返るのを基本とします。
また光忠と言えば織田信長、光忠刀をこよなく愛し、当時三十振り程所持していたと伝わっています。前述の永青文庫所蔵の国宝も元来は信長の愛刀で、後に徳川家康、更にその末男で水戸徳川家初代藩主徳川頼房(水戸光圀の父)へ伝わっています。
本作は大磨り上げ無銘ながら『長船光忠』と極まった大変貴重な一振り、寸法二尺一寸三分、切っ先やや詰まり気味、身幅しっかりとして均整の取れたスタイルです。
小板目肌良く詰んだ精良な地鉄は、所々流れ心に強く肌立ち、地色明るく、乱れ映り判然と立ち、互の目丁子乱れを主体とし、小互の目、小丁子を交えた焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、上半は明るく締まり気味、下半はやや沈み勝ちとなり、刃中丁子足、葉繁く入っています。
下半は研ぎ減り等で少し刃が弱いですが、上半は如何にも光忠らしい焼き刃で見応え充分です。
何処にも出ていない激生ぶ品、無銘とは言え、光忠は本誌初掲載、中々お目に掛かることはありません。
長船派の始祖、長船光忠の地刃を堪能出来る稀少な現存品です。














【売約済】商品番号:O-630 刀 長船光忠(無銘) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ