刀 於都五条辺信濃国宗継造之
(宮川宗継)(山浦真雄高弟)
(みやこごじょうあたりにおいてしなののくにむねつぐこれをつくる)
慶応三年八月日(一八六七)


Katana:Niyakogojo Shinanonokuni Munetsugu



新々刀・信濃(山城) 江戸最末期
特別保存刀剣鑑定書付き
『刀工山浦真雄 清麿 兼乕伝』所載品




刃長:72.7(二尺四寸弱) 反り:1.3 元幅:3.37
先幅:2.48 元重ね:0.73 先重ね:0.59 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、小板目詰み、所々流れ心に肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で小互の目、角張った刃を交え、刃縁荒沸付いてやや沈み勝ちに締まり、刃中小足、葉入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先掃き掛け長く返って棟寄りを焼き下げ、棟焼き多数入る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(サビ有り)。  



【コメント】
宗継は、宮川宗次と言い、源清麿の兄山浦真雄門人、一番弟子は嫡子兼乕として、これに次ぐ実力者と言えば宗次で間違いありません。後に宗継と改銘、信濃国松代藩真田家のお抱え鍛冶です。
作刀期間は、文久から明治初年頃まで、慶応二、三年頃、真雄の計らいにより京へ上り、日本鍛冶惣匠伊賀守金道より、筑前守を受領しています。この時に京でも鍛刀しており、『於都五条辺信濃国宗継造之』、『於洛陽三条辺松代臣宗継造之』と銘のある作も残されています。
銘は、師同様流暢な草書体で、初期は『信濃国宗次』、受領後は、『宮川筑前守源宗継』などと切っています。
本作は、前述した京打ちの稀少な現存作、花岡忠男著『刀工山浦真雄 清麿 兼乕伝』には、その貴重な銘振りと共に同工代表作として掲載されています。出来は、銘を見なければ、真雄の一作風を見るようです。
地の緩み、刃に少し鍛え肌もありますが、地刃は健全です。
山浦兄弟を評して『絢爛華麗の清麿、質実剛健の真雄』と言われますが、 師真雄は、自ら剣術家の立場から刀の強度、斬れ味を最大限まで高める 刀造りに心血を注いでおり、堅物斬りに於いて、最後まで折れず曲がらずの真雄刀は、当時最強と呼ばれました。その向槌を務めて師の技術を会得し、真雄、兼乕の代作代銘も行っていた宗継の刀が斬れないわけがありません。
本誌初掲載、銘振りも貴重な宮川宗継、山浦一門コレクター垂涎の逸品です。














商品番号:P-121 刀 於都五条辺信濃国宗継造之(宮川宗継)(山浦真雄高弟) 慶応三年八月日(一八六七) 新々刀・信濃(山城) 特別保存刀剣鑑定書付き 『刀工山浦真雄 清麿 兼乕伝』所載品

価格: ¥1,100,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ