刀 古伯耆(無銘)
(こほうき)


Katana:Kohouki(Mumei)



古刀・伯耆 平安末期~鎌倉初期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.0(二尺三寸一分) 反り:1.9 元幅:2.92
先幅:2..01 元重ね:0.62 先重ね:0.44 穴2




鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目に杢目交じり、所々流れて大模様に肌立ち、地色やや黒み勝ち、地沸厚く付き、地斑状の映り立ち、地鉄良好。 刃文、湾れ調で小乱れを交え、刃縁荒沸付いて匂い深く潤み勝ちとなり、打ちのけ、ほつれ、二重刃掛かり、刃中烈しく金筋、砂流し掛かる。 帽子、直刃調で沸付き、先僅かに返る。 茎大磨り上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に銀着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
古伯耆一派は、安綱を筆頭に、その子と伝える真守、孫と伝える貞綱が代表工で、一門には有綱、安家、真景らがいます。同派は平安後期から鎌倉初期に掛けて盛期を迎えており、京三条派の宗近、古備前派の友成、筑後三池派の光世らとほぼ同時代に当たります。
作風は、古備前物に近い小乱れ主調の刃を焼きますが、仔細に見ると、鉄に黒みがあり、地景、地斑を交え、随所に板目が大模様に肌立ち、焼き刃も刃縁潤み心に金筋、砂流しが頻りに掛かり、小互の目、小湾れが目立って交じるなど、古備前に比して一段と野趣のある出来が特徴と言えます。
本作は大磨り上げ無銘ながら、『古伯耆』の極めが付された一振り、寸法二尺三寸一分、腰反り深く踏ん張りがありながら、先に行って反りがやや伏せ気味となる姿は、平安末期から鎌倉初期の典型的な太刀スタイルです。
板目に杢目交じり、所々流れて大模様に肌立つ地鉄は、地色やや黒み勝ち、地斑状の映り立ち、湾れ調で小乱れを交えた焼き刃は、刃縁荒沸付いて匂い深く潤み勝ちとなり、打ちのけ、ほつれ、二重刃掛かり、刃中烈しく金筋、砂流し掛かるなど、前述したような、古伯耆鍛冶の特色が明示されており、鎌倉初期を下らないとは思えない程、地刃もしっかりとした古伯耆鍛冶の佳品です。














【売約済】商品番号:P-133 刀 古伯耆(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ