(太刀銘)小田宗吉作
(おだむねよしさく)
文久三癸亥年二月日(一八六三)
(切付銘)百戦先衆器 一揮鏖群夷


Katana:Oda Muneyoshi



新々刀・伊予 江戸最末期 拵え付き
特別貴重刀剣認定書付き




刃長:72.7(二尺四寸弱) 反り:1.7 元幅:3.17 元重ね:0.73 穴1



菖蒲風造り、鎬高く庵棟尋常。 表は二筋樋、裏は棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ちに詰み、所々流れ肌が肌立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ主体で、丁子心の刃、小互の目を交えて総体的にやや逆掛かり、刃縁匂い勝ち小沸付いて明るく締まり、刃中小足、葉入る。 帽子、乱れ込んで先小丸に長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。白鞘入り。
打ち刀拵え(江戸後期 全長99 柄長22.5 鞘 焦げ茶石目 こじり、四分一石目地鋤出彫、牡丹図 栗型、骨、 柄 薄緑塗鮫に深緑柄巻 縁頭、四分一石目地鋤出彫、牡丹図 目貫、赤銅容彫、花橘図 鍔 銘豫州住正阿弥秀延 素銅地木瓜形亥目透、金覆輪)付き。  



【コメント】
宗吉は、小田禎次と言い、伊予松山藩松平家に仕えた藩士でありながら、鍛刀も行った人物です。十二代藩主松平勝善、十三代藩主松平勝成に仕え、安政から明治初年頃まで作が残っています。
鍛刀の師に付いては不明ですが、互の目丁子主体の作風や茎仕立てなどからすると、同郷の小野国房(固山宗次門人)辺りの系統と考えられます。
本作は寸法二尺四寸弱、菖蒲風の造り込みで、地刃健やかな同工典型作です。
互の目乱れ主体で、丁子心の刃、小互の目を交えて総体的にやや逆掛かり、刃縁匂い勝ちで明るく締まるなど、如何にも同工らしい出来映えで、 銘も全く問題ありません。
茎に『百戦先衆器 一揮鏖群夷』とありますが、『先衆(さきしゅう)』は、先手、先陣、先鋒の意、『揮(キ)』は、振り回すの意、『鏖(オウ)』は、皆殺しにするの意、『夷(イ)』も殺す、滅ぼすの意。故に『数多の戦いに於いて、先陣を切ってこの刀を一振りすれば、敵を一網打尽に出来る。』そういった意味合いかと思われます。
当時の所持者の強い願掛けであり、守護刀としての意味合いが強いでしょう。
小田宗吉の大変貴重な注文打ちの守護刀、登録証も愛媛県登録、愛媛の郷土刀としては勿論のこと、外装付きの魅力ある幕末刀としても、是非お薦めです。
















【売約済】商品番号:P-152 刀 (太刀銘)小田宗吉作 文久三癸亥年二月日(一八六三) (切付銘)百戦先衆器 一揮鏖群夷 特別貴重刀剣認定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ