刀 (太刀銘)源盛光作
(みなもとのもりみつさく)


Katana:Minamotono Morimitsu



現代・熊本



刃長:82.3(二尺七寸二分弱) 反り:2.1 元幅:3.73
先幅:2.67 元重ね:0.82 先重ね:0.68 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先延び心。 鍛え、小板目肌沈み勝ちに詰み、所々細かに肌立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ主体に、大互の目、角張った刃、小互の目を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中互の目足、葉入り、金筋、砂流し盛んに掛かる。 帽子、乱れ込んで沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先剣形(卒塔婆風)、鑢切り。 銀ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
盛光は、寺田義光と言い、明治四十三年生まれ、熊本県水俣市出身、昭和十四年、同県八代市の第二十五代金剛兵衛盛高靖博に入門、初期は源盛親と銘じ、昭和二十七年より盛光へ改銘、同じく八代市の無鑑査谷川盛吉は兄弟弟子に当たります。
作風は、師同様、左文字や越中則重に範を取った相州伝、相伝備前を得意とします。
本作は、寸法二尺七寸二分弱、身幅3.73㎝、南北朝盛期の豪壮な大太刀スタイルで、相伝備前の最高峰、長船長義辺りを狙った一振りです。
  互の目乱れ主体に、刃中金筋、砂流しが盛んに掛かるなど、正に真骨頂と言える烈しい出来です。
茎下方が張って幅広となり、先剣形となる卒塔婆(そとうば)茎は、同派特有で、これは斬られた者達が安らかに成仏するようにとの願いが込められています。
現状は小サビがありますが、大きな欠点なく、これだけの大柄な作を破綻なく鍛え上げる同工の高い技量が存分に示された佳品、ピシッと仕上げ研ぎを掛ける価値はあるでしょう。














【売約済】商品番号:P-192 刀 (太刀銘)源盛光作

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ