薙刀直し刀 (朱書)左(左貞吉)
(さのさだよし)


Naginata Naoshi Katana:Sano Sadayoshi



古刀・筑前 南北朝中期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:67.2(二尺二寸二分弱) 反り:1.6 元幅:3.08 元重ね:0.83 穴1



薙刀直し造り、鎬すこぶる高く庵棟高め。 鍛え、板目に杢目、流れ肌を交えて肌立ち、地鉄にやや黒みがあり、沸映り立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で小互の目、小乱れを交え、刃縁良く沸付いて匂い深くやや沈み勝ちとなり、ほつれ、打ちのけ掛かり、刃中小足、葉入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で沸付き、先尖り風に掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢筋違い。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
打ち刀拵え(幕末期 全長105 柄長27.5 鞘 黒の呂塗 こじり、四分一無文 栗型、鉄地僅かに金象嵌残る 鯉口、赤銅に金色絵 下げ緒、鉄紺 柄 研ぎ出し鮫に茶の糸平柄巻 縁頭、赤銅石目地、金象嵌、変わり井桁図 鍔 鉄石目地小透、素銅覆輪、柳生笠図)付き。



【コメント】
筑前国には南北朝初期、『正宗十哲』の一人である左文字が登場し、それまでの古典的な九州物の作風を打破する相州伝の作風を確立しました。その門弟達も師風を受け継ぎ大いに活躍、一門には、安吉、吉貞、行弘、国弘、弘行、弘安、貞吉、吉弘、定行などがおり、これらを総称して『末左』と呼んでいます。
無銘『末左』の極めに関して、近年の審査では、『末左』のみとはせず、その作風によって差別化をし、出来るだけ個銘まで入れる傾向があります。例えば、地刃に備前気質が見られるものには安吉、最も盛んに乱れたものには国弘、特に互の目が目立つものには弘安、直刃基調で小互の目、小丁子の目立つものには弘行、乱れが小模様になるものには吉貞、穏やかな直刃調のものには貞吉などが挙げられます。
本作は薙刀直し刀、大磨り上げ無銘ながら『朱書(しゅがき)』で『左』の極めがあり、鑑定では『左貞吉』の但し書きがあります。
江戸期より本阿弥家の鑑定では、生ぶ茎無銘に限って、『朱銘(しゅめい)』によって極めを入れていましたが、明治期以降、生ぶ茎でなくとも、朱で極めを入れるようになりました。これを『朱書』と呼びます。
寸法二尺二寸二分弱、鎬すこぶる高い勇壮なスタイルで、手持ちズシッと重いです。
貞吉は、安吉の子と伝えられる同派の代表工、文和(一三五二~五六)頃の刀工ですが、在銘確実な作は僅少です。
地刃の出来から左一門の作と見て、且つ穏やかな直刃調という観点から貞吉の極めは妥当かと思います。
刃に一ヶ所鍛え肌もありますが、左一門の代表工による南北朝中期薙刀直し、やや剥落していますが、茎の朱書も雰囲気があって良いです。


















商品番号:P-219 薙刀直し刀 (朱書)左(左貞吉) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥898,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ