刀 長船長義(無銘)
(おさふねながよし)


Katana:Osafune Nagayoshi(Mumei)



古刀・備前 南北朝中期 最上作 大業物
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:67.4(二尺二寸二分強) 反り:1.7 元幅:3.02
先幅:2.20 元重ね:0.63 先重ね:0.46 穴3(内1埋)




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先鋭角に延びる。 表裏共に二筋樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目に杢目交じり、所々流れて上品に肌立ち、地沸厚く付き、乱れ映り立ち、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とし、小互の目、丁子風の刃、尖り風の刃、逆心の刃を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中葉、小足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先尖り心に深く返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
本作は、大磨り上げ無銘ながら、『長船長義』と極められた典型作優品、且つ何処にも出ていない激生ぶ品です。
備前鍛冶でありながら、沸の働きを一際強調した作風は、『相伝備前』と呼ばれ、長船長義、兼光、兼長、盛景らが代表工として挙げられますが、その筆頭は紛れもなく長義です。
長義は、一説によると、長船真長(長光の弟)の孫とも伝えられており、兄に長重がいます。『正宗十哲』にもその名を連ねる刀工で、重要文化財五口、重要美術品六口を数えます。
作風は、丁子、互の目、角張る刃、尖り風の刃、腰開きの刃等を主体とした華やかな乱れ刃を得意としますが、その中に起伏のある山形の乱れや耳形の乱れを交えるのが特徴で、特に無銘極め場合は、これらが顕著となります。
刃文は匂い出来と、沸出来の二様ありますが、後者は特に相州伝が強調された作風であるため、古来より『備前刀にあって、最も備前離れした刀工は長義也。』と評されます。帽子は、乱れ込んで先尖り風となるものを基本とします。
年紀作に見る活躍期は、貞和六(一三五〇)から康暦二年(一三八〇)まで、南北朝中期という時代からして、太刀は長寸が多かったため、ほぼ磨り上げとなっており、在銘品は僅少です。
本作は、寸法二尺二寸二分強、切っ先鋭角に力強く延び、元先身幅の差が少ない勇壮な刀姿は、南北朝中期の典型的なスタイルを示しています。
乱れ映り立つ地鉄、特徴的な山形、耳形の互の目乱れを主体とした華やかな焼き刃、先突き上げるように尖って深く返る帽子等々、大変分かり易い出来は、一見して長義と認識出来ます。
樋中に細かな鍛え肌がありますが、刃は元から先までしっかりとしています。
研ぎは現状でも良いかと思いますが、お好みで更に刃を明るく仕上げるのも良いでしょう。
探山先生鞘書きにも、『姿、映り、地刃の出来、帽子など、所伝は首肯される優品也。』とあります。
『備前長船長義』の銘を金糸で刺繍した専用白鞘袋入り、特別保存としては、中々レベルの高い逸品、大変魅力的なロマン溢れる長船長義です。













【売約済】商品番号:P-227 刀 長船長義(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ