薙刀直し脇差し 無銘(伝岩戸一文字)
(でんいわといちもんじ)


Wakizashi:Mumei(Den Iwato Ichimonji)



古刀・備前 鎌倉末期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:45.4(一尺五寸弱) 反り:1.3 元幅:2.50 元重ね:0.67 穴2



薙刀直し造り、鎬高すこぶる高く庵棟低め。 表裏共にハバキ下より茎途中に掛けて細樋を掻き流す。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ちに良く詰み、所々流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、乱れ映り判然と立ち、地鉄概ね精良。 刃文、湾れ、丁子、小丁子、小互の目、角張った互の目、尖り風の刃を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて締まり、所々潤み、刃中小足、葉、丁子足良く入る。 帽子、湾れ調で先焼き詰める。 茎大磨り上げ、先浅い栗尻、鑢切り。 銅に赤銅着せハバキ(檜垣鑢入る)。 時代研磨。 白鞘入り。
半太刀風脇差拵え(幕末期 全長68.5 鞘 焦げ茶変わり塗 小柄、赤銅魚子地高彫色絵、鶴の図 金具類一作 銀研磨地無文 鞘 親鮫に黒柄巻 目貫、図不明 鍔 赤銅研磨地長丸形無文)付き。  



【コメント】
鎌倉期に於ける備前鍛冶の大きな流れは、一文字派と長船派の二大流派であり、一文字派は、以降南北朝期に掛けて、福岡、吉岡、片山、岩戸などの地に栄え、多くの名工を輩出しました。
同派が一文字と呼ばれるのは、茎に『一』の字を切ることに因りますが、 銘には『一』のみ場合、『一』の下に個銘を切る場合、個銘のみ場合があります。
中でも鎌倉末期以降に、備前国岩戸庄、現岡山県和気郡和気町岩戸付近にて鍛刀した小規模な一派を岩戸一文字と呼称し、地名からして備前和気鍛冶との関連性も窺える一派です。
銘鑑等によると、その祖を吉氏としていますが、未だ現存作が見当たりません。一派では吉家に、『一備州岩戸庄地頭左衛門尉源吉家』銘で、元徳(一三二九~三一)年紀入りの作が残されていることによって、一派の大凡の活躍期が分かります。
本作は大磨り上げ『伝岩戸一文字』の極めが付された一振り、鎌倉末葉の薙刀を磨り上げて、脇差しの寸法に仕立て直したものです。
南北朝期の豪壮な薙刀に比べ、優しい姿が鎌倉期薙刀の特徴です。
寸法一尺五寸弱、乱れ映り判然と立つ綺麗な地鉄、匂い出来で多種の刃を交えた焼き刃は、刃中も細かに良く働いています。所々少し刃が潤むような箇所もありますが、表の中央付近には、特に刃幅広く、良く冴えた明るい刃が見られます。
鎌倉期の上品な薙刀直し、半太刀風の幕末拵え付属です。














【売約済】商品番号:P-282 薙刀直し脇差し 無銘(伝岩戸一文字) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ