刀 因幡国鳥取住金崎天龍子秀寿作之
(いなばのくにとっとりじゅう
かねさきてんりゅうしひでとしこれをつくる)
電光影裡斬春風 昭和辛亥年春吉祥日(昭和四十六年)(一九七一)
祈念 天下泰平 家運隆昌 天命寿楽


Katana:Inabanokuni Tottoriju Kanesaki Tenryushi Hidetoshi



現代・鳥取



刃長:72.3(二尺三寸九分弱) 反り:2.1 元幅:3.57
先幅:3.03 元重ね:0.89 先重ね:0.66 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、切っ先猪首風に詰まる。 表裏共に棒樋に添え樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目やや沈み勝ちに詰み、所々流れ心に肌立ち、地沸良く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目に小互の目を交え、刃縁小沸付いて匂い深く、刃中互の目足間断なく入る。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銀二重ハバキ(被せ部分は金鍍金で右三つ巴紋入る)。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
薙刀直し風造り、鎬高く庵棟低め、大切っ先。 表裏共に薙刀樋と添え樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、板目に杢目、流れ肌を交えて上品に肌立ち、地沸良く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、小互の目、丁子、小乱れを交え、刃縁荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し烈しく掛かる。 帽子、乱れ込んで沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧大筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
秀寿は、金崎秀寿と言い、昭和十九年生まれ、鳥取市の出身で、父義一(天日斎助寿)に学び、天龍子と号しました。金崎親子は、水心子正秀、池田一秀の流れを汲む、水心子系門人に当たります。因みに秀寿の名前は、源清麿に心酔していた父が、清麿初期銘の『秀寿』から取ったものです。
作風は、山城、備前、相州、相伝備前の古作を狙ったものが多く、直刃から乱れ刃まで、巧みに鍛えます。
本作は、同工二十七歳の頃の作、長船長義の薙刀直しを写した、同工相伝備前の会心作、寸法二尺三寸九分弱、大切っ先、元幅3.57㎝で重ねも厚い豪壮無比なスタイルです。
互の目乱れを主体とした刃は、刃縁荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し烈しく掛かり、帽子も烈しく乱れ込むなど、覇気溢れる出来映えです。
この地刃の冴えは、地元で採取された印賀鋼を使用したものと鑑せられます。印賀鋼は、お隣の島根県産出羽(いずわ)鋼と並んで『鋼の王』と評される良質な鉄です。
茎に刻まれた『電光影裡(裏)斬春風』とは、いわゆる無常観を意味する仏教思想、禅語の一種、『稲妻がキラッと光る間に、春風を斬るが如く、この世の全ては、長い歴史からすれば、ほんの一瞬そこにあるように見えているだけである。』の意。更に、『祈念 天下泰平 家運隆昌 天命寿楽』ともあるように、お守り刀、守護刀として作られた注文打ち入念作で、同工の代表作と成り得る逸品です。















【売約済】商品番号:P-314 刀 因幡国鳥取住金崎天龍子秀寿作之 電光影裡斬春風 昭和辛亥年春吉祥日(昭和四十六年)(一九七一) 祈念 天下泰平 家運隆昌 天命寿楽

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ