脇差し 大和守吉道(初代)
(やまとのかみよしみち)


Wakizashi:Yamatonokami Yoshimichi



新刀・摂津 江戸前期 業物 拵え付き



刃長:52.0(一尺七寸二分弱) 反り:0.9 元幅:3.06
先幅:2.31 元重ね:0.70 先重ね:0.52 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟尋常、大切っ先ふくら枯れる。 鍛え、小板目が沈み勝ちに詰み、所々肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、拳形丁子を主体とした刃文は、互の目、小互の目を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まる。 帽子、小乱れて直調となり、先僅かに返る。 茎生ぶ、先浅めの入山形、鑢筋違い。 銅に金着せ二重風ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
脇差拵え(江戸後期 全長74センチ 鞘 黒変塗り鞘 小柄、赤銅魚子地据紋象嵌、獅子の図 黒と薄茶の平打ち下げ緒 柄 親鮫に下げ緒と同じ紐巻き 縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、龍図 鍔 赤銅地木瓜形、鋤下毛彫据紋象嵌金色絵、金覆輪剥がれ気味 波龍図)付き。  



【コメント】
大和守吉道(初代)は、三品宇左衛門と云い、丹波守吉道(大阪初代)の次男、丹波守吉道(京初代)の孫に当たります。三品系にあって特に丁子乱れを得意としており、同時代の河内守国助(中河内)、多々良長幸と共に『大坂の丁子乱れ三名人』とも称されます。中には中河内風の拳形丁子、三品系伝統の簾刃、濤瀾風の刃もあります。
活躍期は、明暦(一六五五~五八)から寛文(一六六一~七三)頃とし、延宝(一六七三~八一)の中頃に没したと伝えています。
吉道には初二代があり、代別に付いては、一般的に初代が比較的細鏨で小振りな銘であるのに対して、二代は太鏨で大振りになります。
本作は、その銘振りから初代作、寸法一尺七寸二分弱、大切っ先鋭角とあり、反りやや浅めに付いた一振りで、豪快な姿ではありませんが、地刃健やかな佳品です。
拳形丁子を主体とした刃文は、刃縁匂い勝ちに明るく締まり、刃中匂い足が繁く入っています。一部丁子の頭が大きく逆掛かって垂れ下がるような刃が見られますが、これは『虎の尾返り』と呼ばれる、初代特有の焼き刃です。
現状未鑑定ですが、特別保存までは問題ありません。
初代大和守吉道の典型作乱れ刃、付属の外装は、赤銅金具を使って上手にまとめてあります。










【売約済】商品番号:P-332 脇差し 大和守吉道(初代) 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ