刀 粟田口国安(無銘)
(あわたぐちくにやす)


Katana:Awataguchi Kuniyasu(Mumei)



古刀・山城 鎌倉初期
最上作 後鳥羽院番鍛冶
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:82.7(二尺七寸三分弱) 反り:2.9 元幅:3.07
先幅:2.01 元重ね:0.65 先重ね:0.47 穴3




鎬造り、鎬高く庵棟低め、小切っ先。 表裏共に棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々肌立ち、地沸微塵に厚く付き、細かな地景入り、地斑状に沸映り立ち、地鉄良好。 刃文、小丁子、小互の目、小乱れを交えて焼きの間隔詰まり、刃縁匂い勝ちに小沸付いて総体的に潤み勝ちとなり、刃中繊細な金筋掛かる。 帽子、直調で沸付いてほつれ、二重刃掛かり、先焼き詰め風。 茎少し磨り上げ、先切り、鑢不明。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
粟田口派は、鎌倉初期の山城国に於いて三条、五条派に次いで興り、京物の名声をより一層高めた刀工群で、その流派名は、現京都市東区粟田口付近で鍛刀したことに由来しています。
初祖は国家とされますが、現存作は皆無、その子に国友、久国、国安、国清、有国、国綱の六人兄弟がおり、鎌倉初期から中期頃に掛けて活躍しています。
この時代には、後鳥羽上皇が水無瀬離宮(摂津にあった避暑地)に西日本の名工を召集し、月番を定めて鍛刀させた、いわゆる『後鳥羽院番鍛冶』制度が行われました。同派からは、六人兄弟の国友、久国、国安が選出されています。
同派の作全般に共通するのは、地鉄の鍛錬が特に優れている点であり、その美麗な肌合いは、『梨子地肌』と呼称されます。
本作は、僅かに磨り上げながら、寸法二尺七寸三分弱、『粟田口国安』と極められた貴重な一振りです。
国安は、国家の三男で藤三郎と称し、在銘作は太刀のみ、短刀の正真確実な作は現存していません。前述した『後鳥羽院番鍛冶』の四月番に選抜された名工中の名工、重要文化財三口、重要美術品六口の他、無冠ながら生ぶ在銘の太刀が、東京国立博物館に所蔵されています。
太刀姿には、兄久国同様、細身で優美なものと、身幅広めものの二様があり、鍛えも、久国風に梨子地肌詰んだものと、板目がやや肌立ち大肌の交じるものがあります。
刃文は、穏やかな直刃はなく、小沸出来の直刃調に小乱れ、小丁子、小互の目を交えるのが基本で、刃中は金筋、砂流し目立ち、刃縁は潤み勝ちとなります。また乱れの間隔が詰まる傾向があり、更に焼き頭には、打ちのけ、湯走り風の小模様の焼きを交える場合もあります。この特徴的な刃は、後の綾小路定利や来国行などにも見られるものですが、既に国安にその萌芽が見られます。
本作は、ほぼ生ぶの姿を留めており、輪反り深く、鎌倉初期を下らない作ながら、身幅しっかりとした姿には、何とも言い難い強みを感じます。
小板目肌が梨子地状に良く詰んだ地鉄は、所々肌立ち、細かな地景入り、地斑状の沸映り立ち、刃文は、小丁子、小互の目、小乱れを交えて焼きの間隔詰まり、刃縁匂い勝ちに小沸付いて潤み勝ちとなり、刃中繊細な金筋が掛かっています。
鎌倉初期作ですので、経年による研ぎ減りは致し方ありませんが、この寸法と姿の美しさ、強さ、古雅な雰囲気は大きな見所です。
探山先生鞘書きには、『本作は、身幅広め、長寸で輪反り深き姿形を示し、地刃に同工の特徴が顕著であり、更に古様で優雅な気品が感じられ、所伝を首肯し得る優品也。』とあります。 粟田口一派の作は頻繁にお目に掛かりませんが、それが国安ともなれば、尚更見過ごすことは出来ません。『後鳥羽院番鍛冶』にその名を連ねる同派最高峰鍛冶が、その力量を存分に示した一振りです。













商品番号:P-337 刀 粟田口国安(無銘) 後鳥羽院番鍛冶 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥7,300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ