脇差し 繁慶
(はんけい)


Wakizashi:Hankei



新刀・武蔵 江戸初期 最上作 良業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:55.2(一尺八寸二分強) 反り:1.0 元幅:2.97
先幅:2.25 元重ね:0.73 先重ね:0.62 穴3




鎬造り、鎬高く三つ棟尋常、中切っ先やや延び心。 鍛え、杢目に板目交じり、地沸厚く付いて肌立ち、太い地景が良く働き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ主体で、小互の目、小乱れ交じり、刃縁烈しく沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かり、沸裂け、沸崩れ状となる。 帽子、湾れ込んで焼き深く、良く沸付き、先掃き掛け僅かに返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢表は浅い勝手下がりで下方に大筋違いの元鑢残り、裏は切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(薄サビ有り)。 白鞘入り。
脇差拵え(江戸後期 全長90.5 鞘 黒に茶梨地鞘 こじり、四分一毛彫、楓散し図 鯉口、栗型吊金具、四分一研磨地無文 下げ緒黒 柄 親鮫に茶麻糸巻 縁頭四分一蝙蝠図 目貫、赤銅容彫色絵、巻龍図 鍔 鉄地木瓜形金布目象嵌、星付き七宝家紋散し図)付き。  



【コメント】
繁慶は、野田善四郎清堯(きよたか)と言い、生国三河、元々は鉄砲鍛冶で、後に刀鍛冶へ転じました。『繁慶鍛え』、『ひじき肌』などと呼称される同工特有の鍛えを示した烈しい相州伝で知られ、重要文化財に三口、重要美術品に六口を数える江戸初期の名工です。
一説によると、繁慶は青年期に江戸へ出て、後に将軍家の鉄砲鍛冶として重用され、慶長十二年、大御所となった家康に従って駿府へ移りました。元和二年、家康が没すると、再び江戸へ出て、八王子の下原照重、康重らに相州伝を学んだと云います。寛永元年以降は、鉄砲の作が見られないため、おそらくはこの前後に『繁慶』へ改銘、本格的な鍛刀を始めたと考えられます。
同工の作風は、前述したように、大板目の肌立った鍛えに地景がうねる『ひじき肌』と称される独特の肌合いを特徴としますが、稀に詰んで綺麗な肌合いのものもあります。刃文は、湾れに互の目を交えた刃を主体とし、刃沸強く、金筋、砂流しが頻りに掛かるなど、同工独自の相州伝を確立しています。
銘切りは、鏨銘ではなく、『すくい鏨』と呼ばれる彫り銘、銘振りは、鉄砲は『野田善四郎清堯』、『野田善清堯』、『日本善清堯』、刀は『繁慶』のみですが、重要文化財の奉納刀二振りに限って、『小野繁慶』と切っています。
一般的に『繁』の字の右上、『攵』部分を『ロ又』に切るのが壮年期、『ル又』に切るのが晩年期と言われます。
本作は『ロ又』銘、同工壮年期に当たる寛永頃の作と鑑せられます。
寸法一尺八寸二分強、一番下が生ぶ穴で、三寸近く磨り上がっており、元来は二尺一寸程の刀であったことが分かります。同工には二尺一~二寸の刀がままあります。
反り浅めで鎬高く、豪壮な姿ではありませんが、地刃は至って健全です。
地鉄は、杢目に板目を交えて肌立ち、ひじきの如く太い地景がうねるように良く働いており、互の目乱れ主体の刃文は、刃縁烈しく沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かり、沸裂け、沸崩れ状となるなど、これぞ正に繁慶という作域が存分に示された佳品です。
刀剣コレクションに於いて、著名工の典型作を押さえるのは基本中の基本、繁慶の典型作をお求めならば、これで間違いありません。
付属の外装も良質な逸品、これで刀が生ぶなら、重要刀剣候補にその名が挙がるでしょう。 
















【商談中】商品番号:P-400 脇差し 繁慶 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,850,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ