刀 天田昭次作之
(あまだあきつぐこれをつくる)
昭和六十二年皐月吉日(一九八七)


Katana:Amada Akitsugu



現代・新潟
人間国宝
自筆箱書き有り




刃長:74.6(二尺四寸六分強) 反り:1.8 元幅:3.41
先幅:2.56 元重ね:0.75 先重ね:0.58 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先張って延び心。 表裏共に棒樋を掻き通す。 鍛え、板目に杢目を交えて所々大模様に肌立ち、地沸厚く付き、地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れに湾れ交じりで、刃縁烈しく沸付き、刃中互の目足入り、金筋、砂流し頻りに掛かって沸裂け、沸崩れ状となる。 帽子、焼き深く湾れ込んで小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 専用木箱付き。  



【コメント】
天田昭次は、昭和二年、新潟県北蒲原郡本多村(現新発田市本田)に生まれ、九歳の時に父貞吉と死別、昭和十五年には上京し、日本刀鍛錬伝習所にて、栗原彦三郎の門人となります。この時兄弟子に宮入昭平(行平)がいました。昭和三十年代に入ると頭角を現し、新作刀展では、毎年優秀賞を受賞しましたが、これからという昭和三十五年、三十三歳の頃に大病を患い、八年の休業を余儀なくされました。昭和四十三年、鍛刀を再開するに当たって、新発田市月岡の温泉街の外れに、自宅兼鍛刀場、『豊月山(ほうげつさん)鍛刀場』を構えました。不撓不屈の精神で復活した昭次は、昭和四十七年には無鑑査認定、刀剣界の最高賞である『正宗賞』を三度受賞、同賞三度受賞は、隅谷正峯、大隅俊平に次いで三例目ですが、山城伝(昭和五十二年)、相州伝(昭和六十年)、備前伝(平成八年)と、全て異なる作風で受賞したのは昭次のみです。平成九年には人間国宝となり、平成二十五年、八十五歳にて没。
本作は昭和六十二年、同工六十歳の頃の作、寸法二尺四寸六分強、切っ先張って延び心、身幅広く、豪壮で力感溢れるスタイルは、鎌倉最末期から南北朝初期の典型的な太刀の磨り上げ姿を示しています。
出来、姿、掻き通しの樋などからして、重要文化財の名物『幅広貞宗』辺りを狙った作でしょう。
板目に杢目を交えて所々大模様にうねるような相州鍛えは、地景繁く入り、互の目乱れに湾れ交じりの刃文は、刃縁烈しく沸付き、刃中互の目足入り、金筋、砂流し頻りに掛かって沸裂け、沸崩れ状となるなど、本歌に迫る程の覇気溢れる地刃の出来で、現代刀とは思い難い古調な味わいを醸し出しています。前述した 二回目の正宗賞を受賞した相州伝の作風と近似しています。
自筆箱書きを添えた専用木箱も付属、人間国宝天田昭次による、相州貞宗写しの自信作です。




















【商談中】商品番号:P-417 刀 天田昭次作之 昭和六十二年皐月吉日(一九八七) 人間国宝 自筆箱書き有り

価格: ¥3,200,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ