縁頭:紋様散図

Fuchigashira:Monyo Chirashi Zu


江戸期
無銘平田七宝として特別保存刀装具鑑定書付き




37.7mm



【コメント】
鉄地 線七宝象嵌 しとどめ金無垢
平田七宝とは、徳川幕府の七宝師として抱えられ、一子相伝を旨とし代々七宝工法を伝授、慶長期の道仁に始まり、幕末まで続いた一門のことです。
泥七宝から始まり、四五代頃(正徳~宝暦頃)に透明な金七宝の完成が見られ、図柄も平田独特の宝尽と称する、金線で渦巻、七宝紋、色紙、丁子などの小模様に七宝を施した作が平田七宝の真骨頂となり、門外不出の平田七宝は一門のみで大いに繁栄しました。徳川幕府の抱金工であったため、作品の殆どは無銘です。
この縁頭のその一つ、鉄研磨地に金線で文様を描き、七宝技法を施し平田七宝ならではの作品となっています。
象嵌技法とは全く違う美しく華やかな作風は、当時の人々にとって憧れの的であったことは想像に難くありません。
落とし桐箱入り












   

商品番号:T-793 縁頭:紋様散図 無銘平田七宝として特別保存刀装具鑑定書付き

価格: ¥450,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ