脇差し 長曽祢興里入道乕徹
(ながそねおきさとにゅうどうこてつ)


Wakizashi:Nagasone Okisato Nyudo Kotetsu



新刀・武蔵 江戸前期
最上作 最上大業物
特別保存刀剣鑑定書付き
寒山先生鞘書き有り




刃長:49.8(二尺二寸九分) 反り:1.4 元幅:3.16
先幅:2.14 元重ね:0.73 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、板目が流れ心で上品な肌立ちを見せる鍛えは、地色明るく、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れに互の目を交えた焼き刃は、刃縁の沸、匂いに深みがあり、刃中金筋、砂流しが繁く掛かり、一部ほつれて二重刃状を呈し、匂い口明るく冴える。 帽子、直調に湾れ込んで、先僅かに掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先僅かに刃上がりの栗尻、鑢勝手下がり。 銅に赤銅着せハバキ(刃、棟側は金鍍金)。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 長曽祢乕徹入道興里による『ハコ乕』銘の優品、同工大成期である延宝期の作、 新刀最上作にして最上大業物鍛冶、覇気みなぎる会心の一振りです。
 長曽祢虎徹と言えば、日本刀に余り興味のない方でさえ、一度は聞いたことのある名前、その知名度からすれば、五郎入道正宗、妖刀村正らと並ぶ有名人です。
 越前の生まれで、三之丞と称し、元来は甲冑師でしたが、『長曽祢興里入道乕徹 本国越前住人至半百居住武州之江戸・・』と刻された作が残されているように、五十歳(至半百)を過ぎた明暦二年(一六五六)頃に江戸へ出て、刀鍛冶へ転向しました。
 作風は、大別すると、前期は瓢箪刃と称される大小互の目の連なる出入りのある刃文、後期は出入りが少ない頭の丸い互の目が連なる刃文、いわゆる数珠刃が主体となります。純然たる直刃はほとんど見られず、多少なりとも湾れ心、又は小互の目を交えて足の入るものが多く見られます。
 その師に関しては、諸説あるものの、和泉守兼重、上総介兼重が最有力とされ、特に数珠刃に関しては、上総介兼重が得意とした、互の目の連れた刃文に触発されたものと考えて間違いないでしょう。
 年紀作に見る活躍期は、明暦二年から延宝五年、翌六年に没したと云います。
 言わずと知れた最上大業物鍛冶であり、金象嵌截断銘の入った作、また巧みな彫り物も極稀に見られます。
 虎徹の銘振りは、大別すると、万治三、四年頃から見られる、『虎』の文字の最終画を上部に跳ね上げる『ハネ虎』銘、寛文四年八月から見られる、『虎』の文字が『乕』になる、『ハコ虎』銘に分けられます。
 本作はいわゆる『ハコ虎』銘、年紀はありませんが、寒山先生鞘書き、銘振りなどからして、延宝二年頃の作となります。
 乕徹大鑑などにも『同工の作風、銘振りなど、全てに於いて完成されるのは、寛文十一年以降であり、延宝二、三年頃に最も傑作が多い。』とあるように、延宝年間は、同工の大成期に当たります。
 板目が流れ心で上品な肌立ちを見せる鍛えは、地色明るく、地沸厚く付き、湾れ乱れに互の目を交えた焼き刃は、刃縁の沸、匂いに深みがあり、刃中金筋、砂流しが繁く掛かり、一部ほつれて二重刃状を呈し 匂い口は大変明るく冴えています。この刃の明るさ、沸の輝きは、同工ならではのものであり、他に類を見ないものです。
 武人ならば、一度は虎徹を所持することが最高の誉れとも評されましたが、それは今も昔も変わりません。誰もが一度は手にしたくなる刀、それが虎徹の魅力です。特に『ハコ虎』銘でも、延宝年間の作は中々お目に掛かりません、この頃の作は貴重ですので、必ず押さえて頂きたいと思います。
 新刀最上作且つ最上大業物、長曽祢乕徹入道興里による晩年円熟期の技、新刀随一と言える地刃の明るさと冴えをお楽しみ下さい。


















商品番号:V-1716 脇差し 長曽祢興里入道乕徹 特別保存刀剣鑑定書付き 寒山先生鞘書き有り

価格: ¥7,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年11月号
(10
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ