太刀 (太刀銘)長□(長光)
(ながみつ)


Tachi:Nagamitsu



古刀・備前 鎌倉後期
最上作 拵え付き
第六十二回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:77.8(二尺五寸七分弱) 反り:3.0 元幅:3.16
先幅:1.63 元重ね:0.78 先重ね:0.42 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、小切っ先。 鍛え、板目に杢目を交えて良く錬られた精美な地鉄は、繊細な地景が肌目に沿って働き、段映り判然と現れ、刃区から水影が立って、地鉄精良。 刃文、細直刃調の焼き刃は、小互の目ごころの刃を交えて、刃縁に繊細な小沸が均等に付き、刃中小足入り、匂い口締まり気味となっています。 帽子、横手を湾れ調にまたぎ、その先は弛んで直調にほつれて焼き詰め風となる。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。
 太刀拵え(幕末期 全長110センチ 鞘 茶の変わり石目鞘 石突金物、責金物、銀石目地 足金物、赤銅地毛彫、金象嵌 黒茶鶯卯の花混ざり模様の太刀緒 柄 親鮫に茶柄巻き、縁頭、銀石目地毛彫、七つ星紋図 目貫、金無垢の海老図 鍔 葵形四隅猪の目透、大切羽、銀魚子地毛彫草模様図)付き。



【コメント】
 備前国長船長光の重要刀剣生ぶ太刀、最上の備前鍛えに鮮明な乱れ映り、同工最晩年の魅力を遺憾なく示した優品、身震いするような名刀です。
 長光は、備前長船鍛冶の祖である光忠の子で、父の後を継ぎ、父が築いた長船派の礎を盤石なものとした名工です。名物『大般若長光』、『津田遠江長光』『熊野三所権現長光』など国宝六口、重要文化財二十八口、重要美術品四十口、計七十四口もの国指定品が現存しており、これは全刀工中最多、その他にも数々の名物、名作を残しており、名実共に備前長船鍛冶の最高峰です。
 作風は、正応(一二八八~九三年)頃までの前期作と、それ以降の後期作に大別され、前期は前述した名物に見られるような、光忠風を継承した華やかな丁子乱れ、後期は匂い口の締まった直刃に、小足や丁子足を交える穏やかな作が主体となり、長光の弟と伝わり、協力者でもあった真長、子の景光に近い作風へ移行していきます。この変化をもたらした大きな要因の一つに挙げられるのが、文永の役(一二七四年)、弘安の役(一二八一年)と呼ばれた元寇、いわゆる蒙古襲来です。この元寇を経て、曲がり、折れに対する配慮から、このような作風が生まれたとされます。
 年紀作に見る活躍期は、弘安(一二七八~八八年)から、嘉元(一三〇二~〇六年)までですが、これはあくまで年紀作のみであり、年紀がないものの中には、前述の名物のように、文永(一二六四~七五年)よりも古いと見られる作があります。
 銘は『長光』、『備前国長船住長光』、『備前国長船住長光作』、『備前国長船住左近将監長光造』などと切りますが、年紀作は長銘の場合に限られ、二字銘に年紀作はありません。
 本作は長船長光の生ぶ在銘太刀、寸法二尺五寸七分弱、元幅広く、腰反り高く踏ん張りの付いた凜然たる太刀姿を示しており、この美しい姿を見ただけでも感動的です。
 板目に杢目を交えて良く錬られた精美な地鉄は、繊細な地景が肌目に沿って働き、鎬筋から刃に向かって華やか乱れ映り、鎬寄りには湾れ調の映りも見られ、平地を明るく照らし出すような鮮明な段映りとなっています。刃区からスーッと水影が立って、これらの映りと融合するなど、最上の備前鍛えを示しています。細直刃調の焼き刃は、小互の目ごころの刃を交えて、刃縁に繊細な小沸が均等に付き、刃中小足入り、匂い口締まり気味となっています。
 本作の穏やかながらも雅味に満ちた刃文は、帽子も横手を湾れ刃でまたぎ、その先は浅く弛んだいわゆる三作帽子となるなど、地刃の出来は同工最晩年の典型、探山先生に鞘書きして頂いたように、嘉元一、二年頃の作になります。銘字の『光』の一字が不鮮明であることは残念ですが、地刃健やかで、焼き刃も横手まで染みることなくピシッと残っています。
 本刀は、あの元寇以来、折れに対する配慮から改良に改良を重ね、苦心の末に辿り着いた、究極且つ最強の鎌倉太刀であると言えるでしょう。
 冷静に考えて、鎌倉期の生ぶ在銘太刀などまず出て来ません、それが長船長光となれば尚更のこと、あの国宝名物『大般若長光』でさえ、茎先を少し詰めてあるわけですから、これは大変なことです。
 付属の太刀外装は幕末期の作、主に銀地金具を使用、縁頭には七つ星紋が入っています。目貫に金無垢の海老、吊り下げ部分の足金物は、赤銅地に菊唐草の毛彫り、中央に金象嵌を施してあります。
 長船物でこれ以上精緻な鍛え、見事な映りはまず見ません、長船長光最晩年の生ぶ太刀、これは物凄い名品が出て来ました、この美しい状態を留めたまま、後世に受け継がれるべき日本の宝です。 


























商品番号:V-1719 太刀 (太刀銘)長□(長光) 第六十二回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り 拵え付き

価格: ¥16,000,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年11月号
(10
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ