脇差し 摂津国中島来(無銘)
(せっつのくになかじまらい)


Wakizashi:Settsunokuni Nakajima Rai



古刀・摂津 鎌倉最末期
第六十二回重要刀剣指定品




刃長:56.0(一尺八寸五分弱) 反り:1.7 元幅:3.08
先幅:2.26 元重ね:0.79 先重ね:0.49 穴2




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先延び心。 表裏棒樋を茎中程で丸留めとする。 鍛え、板目に杢目を交えた地鉄は、地色明るく、地沸微塵に厚く付き、細かな地景頻りに入り、上品な肌立ちを見せ、地鉄精良。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、小互の目、小丁子を交え、刃縁に光りの強い沸粒が付き、一部沸裂けて、喰い違い刃、二重刃風を呈し、刃中沸足が繁く入り、上品な金筋、砂流し掛かり、匂い口も明るく締まる。 帽子、浅く湾れ込んで先小丸に返る。 茎大磨り上げ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 中島来の重要刀剣、鎬造り脇差しとしては初の指定品、欠点の見当たらない優品です。
 来国長は、来国俊の門人で、初め山城、後に摂津国西成郡中島(現在の大阪市東淀川区内)に移住したことから、『中島来』の呼称があります。
 銘鑑によると、初二代があり、初代が鎌倉最末期の元徳(一三二九~三一年)頃、二代が南北朝中後期の正平(一三四六~七〇年)、応安(一三六八~七五年)頃としています。
 造り込みは、時代の姿を反映し、切っ先身幅の尋常な作から、切っ先の延びた大柄な作まで見られます。現存作に在銘の太刀は極めて少なく、ほぼ寸延び短刀か、小脇差しのみです。
 作風は、来派伝統の小沸出来直刃を本位としていますが、中には国俊、国光辺りには見られないような、湾れに互の目を交えた沸の強い作もあり、帽子も純然たる小丸ではなく、返りが長いもの、乱れ込んで掃き掛けるものなどがあり、焼き詰め風となる場合もあります。鍛えに強い杢目や板目が交じる点なども、同工の特徴です。
 本作は大磨り上げながら一尺八寸五分弱、中切っ先が延び心で、元先身幅の差が少なく、重ねがガシッとして、輪反り状に反り高めに付いた造り込みは、如何にも鎌倉最末期と鑑せられる、力感溢れる姿を示しています。
 板目に杢目を交えた地鉄は、地色明るく、地沸微塵に厚く付き、細かな地景頻りに入り、上品な肌立ちを見せる精良な鍛え、直湾れ調の焼き刃は、小互の目、小丁子を交え、刃縁に光りの強い沸粒が付き、一部沸裂けて、喰い違い刃、二重刃風を呈し、刃中沸足が繁く入り、上品な金筋、砂流し掛かり、匂い口も明るく締まっています。焼き刃は元から先までしっかりと残っており、鎌倉最末期とは思えないような地刃健全さを誇っています。地鉄、刃縁、刃中、とにかく沸が良く働いており、地刃の冴えも超一級です。
 第六十二回までの重要指定品にあって、中島来極めの刀は数多くあり、脇差しでも寸延びの平脇差し、 薙刀直しが僅かに見られますが、鎬造りは本作が初になります。重要審査に於いては、無銘脇差しの場合、審査が非常に厳しくなることを踏まえれば、本作の出来、状態の良さがお分かり頂けるかと思います。
 重要図譜に『地刃に中島来の特色が著しく、地刃も無類に健全で、脇差しながら特に優品である。』とありますが、これが全てかと思います。
 この出来で寸法が二尺三、四寸あれば、特別重要にも手が届きそうな欠点の見当たらない素晴らしい中島来、これは強くお薦め致します。














【売約済】商品番号:V-1722 脇差し 摂津国中島来(無銘) 第六十二回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ