刀(太刀銘)加賀国住正峯於傘笠亭作之
(かがのくにじゅうまさみねさんりゅうていにおいてこれをつくる)
昭和丙午年二月(昭和四十一年)
思飛鎌倉期漂一文字上


Katana:Kaganokuniju Masamine



現代・石川
人間国宝




刃長:79.6(二尺六寸三分弱) 反り:3.6 元幅:3.47
先幅:2.45 元重ね:0.84 先重ね:0.52 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低目、猪首切っ先。 鍛え、小板目が沈み勝ちに詰んだ地鉄は、緩やかな流れ肌を交え、地沸付き、地鉄良好。 刃文、大房丁字、互の目丁子、小互の目を交えた刃文は、匂い勝ちに小沸付き、匂い口柔らく明るく冴える。 帽子、乱れ込んで先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧勝手下がり。 銅に金着せ太刀ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 人間国宝隅谷正峯による、『正宗賞』を受賞した一文字写しの傑作『加賀正宗』の陰打ち作、完成された『隅谷丁字』、もう一つの『加賀正宗』です。
 正峯は隅谷與一郎と言い、大正十年、石川県石川郡松任町(現白山市)の生まれで、昭和十六年、桜井卍正次の子、桜井正幸門下に入り、翌年には広島県にある興国日本刀鍛錬場に入りました。戦後は郷里へ戻り、昭和三十一年、自宅に鍛錬所『傘笠亭(さんりゅうてい)』を構え、以降、『傘笠亭』、『傘笠』、『両山子』などと号しています。昭和三十二年からは、新作刀展で八年連続入賞、昭和四十年、四十一年と連続で最高賞の『正宗賞』を受賞し、同年に無鑑査並びに石川県重要無形文化財に認定、昭和四十九年には三度目の『正宗賞』を受賞、これは刀剣界初の快挙となりました。昭和五十六年には人間国宝認定、平成十年、七十七歳で没。
 作風は一貫して備前伝、鎌倉期の華やかな備前太刀を狙った丁字刃は、独自の美しさ、輝きを放つことから『隅谷丁字』と称され、同工の代名詞ともなっています。
 本作は昭和四十一年、正峯四十五歳の頃の作、昭和四十年代は、同工壮年の最良期であり、前述のように前年に初の正宗賞、この年も二年連続で受賞を果たすなど、心技体の充実振りを窺わせる名品を多く残しています。
 寸法二尺六寸三分弱、猪首切っ先でガシッとした雄壮な造り込みは、鎌倉中期の典型的な太刀姿を示しています。
 小板目が沈み勝ちに詰んだ地鉄は、緩やかな流れ肌を交え、正峯の真骨頂とも言える『隅谷丁字』を華やかに焼いています。大房丁字、互の目丁子、小互の目を交えて、匂い勝ちに小沸の付いた、柔らかで明るい丁子刃の美しさは、正峯にしか表現出来ないものでしょう。
 同工がこの年に二度目の正宗賞を受賞した作品は、『加賀正宗』と号された一文字写しの太刀ですが、本作はそれと寸法、姿、出来、磨り上げ風の茎、銘振りなど、ほぼ同一であることからして、陰打ちの作と鑑せられます。
 『鎌倉期の一文字鍛冶の華やかな丁子刃を強くイメージして作刀した。』という旨の切り付け銘からも、同工の古作一文字への強い思いが伝わってきます。
 正峯が古名刀の鉄味を求め、試行錯誤を繰り返した結果、最後に辿り着いたのが、銑鉄を使用して、意図的に作り出したという炭素量が不均一な鋼材でした。これを使用することで、焼き入れを行った時に硬軟織り交ぜた鋼となり、研磨を施すと美しい輝きを放つようになったと言います。『隅谷丁字』の華やかさが唯一無二であると評される秘訣がここにあります。
 本作は正にもう一つの『加賀正宗』、鎌倉期の名刀に挑んだ渾身の『隅谷丁字』を存分に味わえる優品です。














商品番号:V-1733 刀(太刀銘)加賀国住正峯於傘笠亭作之 人間国宝

価格: ¥2,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ