脇差し 繁慶
(はんけい)


Wakizashi:Hankei



新刀・武蔵 江戸初期
最上作 良業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:46.1(一尺五寸二分強) 反り:0.6 元幅:3.13
先幅:2.31 元重ね:0.76 先重ね:0.61 穴1




 鎬造り、鎬庵棟高い、中切っ先。 表櫃内に火炎不動、裏『殺活臨時』の文字彫り。 鍛え、杢目、板目、流れ肌が総体的に良く詰む地鉄は、地沸が微塵に厚く付いて所々肌立ち、太い地景が良く働き、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした焼き刃は、湾れ、小互の目、箱掛かった刃等を交え、刃縁の沸匂い一際深く、刃中繊細な金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく冴えてる。 帽子、焼き深く沸付いて湾れ込み、先掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先急な刃上がり栗尻(薬研形)、鑢表は大筋違い、裏は逆大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 研ぎ上がり。 新白鞘入り。



【コメント】
 異色の天才鍛冶、野田繁慶の雄壮健全な脇差し、『ロ又』銘、同工壮年期の相州伝典型作です。
 繁慶は、野田善四郎清堯(きよたか)と言い、生国三河、元々は鉄砲鍛冶で、後に刀鍛冶へ転じました。『繁慶鍛え』、『ひじき肌』などと呼称される同工特有の鍛えを示した烈しい相州伝で知られ、重要文化財に三口、重要美術品に六口を数える江戸初期の名工です。
 一説によると、繁慶は青年期に江戸へ出て、日本橋鉄砲町(現中央区日本橋本町)で幕府のお抱え鉄砲鍛冶、胝(あかがり)惣八郎に入門、後に将軍家の鉄砲鍛冶として重用され、慶長十二年(一六〇七年)、大御所となった家康に従って駿府へ移りました。この頃駿府で鍛刀していたのが、越前康継、南紀重国、文珠包国(重国の兄)であり、同工はこれらに感化されて刀匠を志し、元和二年(一六一六年)、家康が没すると、再び江戸へ出て、八王子の下原照重、康重らに相州伝を学んだと云います。
 繁慶の謎の一つとして、鉄砲には慶長十五年(一六一〇年)から元和九年(一六二三年)までの年紀作があるものの、刀剣類には年紀作が皆無であることが挙げられます。しかしながら、寛永元年(一六二四年)以降は、鉄砲の作が見られないため、おそらくはこの前後に『繁慶』へ改銘、本格的な鍛刀を始めたと考えられます。
 同工の作風は、前述したように、大板目の肌立った鍛えに地景がうねる『ひじき肌』と称される独特の肌合いを特徴としますが、稀に詰んで綺麗な肌合いのものもあります。湾れに互の目を交えた焼き刃を主体とし、刃沸強く、金筋、砂流しが頻りに掛かるなど、同工独自の相州伝を確立しています。
 刃区、棟区も深く、茎先は『薬研(やげん)形』と呼ばれる極端に刃上がりのスタイル、鑢目は表大筋違い、裏逆大筋違い、銘切りも鏨銘ではなく、『すくい鏨』と呼ばれる彫り銘であること等々、何から何まで異風、個性の塊と言えます。プライドも高く、ある時、本阿弥某が自作の刀を正宗と鑑定したことに憤慨したというのは有名な話です。
 銘振りは、鉄砲銘は『野田善四郎清堯』、『野田善清堯』、『日本善清堯』、刀銘は『繁慶』のみですが、重要文化財の奉納刀二振りに限って、『小野繁慶』と切っています。
 一般的に『繁』の字の右上、『攵』部分を『ロ又』に切るのが壮年期、『ル又』に切るのが晩年期と言われます。
 本作は『ロ又』銘、同工壮年期に当たる寛永頃の作と鑑せられます。
 寸法一尺五寸二分強、反り浅めで鎬高く、元先身幅、重ね共にガシッとした力感溢れる造り込みで、地刃共にすこぶる健全です。
 杢目、板目、流れ肌が総体的に良く詰む地鉄は、地沸が微塵に厚く付いて所々肌立ち、正にひじきの如く黒く太い地景が良く働いており、互の目乱れを主体とした焼き刃は、湾れ、小互の目、箱掛かった刃等を交え、刃縁の沸匂い一際深く、刃中繊細な金筋、砂流し掛かり、匂い口は明るく冴えています。
 表の腰元櫃内には火炎不動と梵字の浮き彫り、裏には『殺活臨時(せっかつりんじ)』の文字彫りがあります。彫り同作とまでは断言し難いですが、火炎不動などを仔細に見ても彫り口が巧みで大変立派な作です。『殺活臨時』とは禅語の一つで、類語として『殺活自在』という言葉もありますが、禅語に於ける『活』とは『一切を与えて全てを許すこと』、『殺』は『一切を奪って何ものも許さないこと』の意になります。『殺活』を臨時(その時々に応じて適切に)に行うことが肝要であるという解釈になるかと思います。
 新刀以降に於いて、この手の作域は繁慶の独壇場、他の何物にも紛れることのない繁慶風相州伝と言えるでしょう。加えて研ぎ上がりで地刃良く冴え、新白鞘入り、金着せ二重の牡丹祐乗ハバキ等々、全てピシッと整った優品です。
 繁慶は現存作少なく、その中で状態の良い作は大変希少、頻繁に出回ることはありません。これは絶対に見逃せません。


















商品番号:V-1779 脇差し 繁慶 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥3,400,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ