刀 濃州関住兼重
(のうしゅうせきじゅうかねしげ)
享禄元年二月日(一五二八年)


Katana:Nousyu Sekiju Kaneshige



古刀・美濃 室町後期
古鞘有り
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り
『続徳川実紀第一篇』並びに『島津家売立目録』所載品




刃長:68.2(二尺二寸五分) 反り:1.1 元幅:2.95
先幅:1.80 元重ね:0.68 先重ね:0.40 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬高め庵棟低め。 鍛え、板目に柾肌を交えて上品に肌立ち、細かな地景入り、地沸厚く付き、地鉄概ね精良。 刃文、細直刃湾れ調で、刃縁の沸匂い深く、喰い違い刃、二重刃風の沸筋頻りに掛かり、匂い口明るい。 帽子、直調で焼き深く先強く掃き掛け長く返る。 茎区送り有り、先僅かに刃上がり栗尻、鑢鷹の羽。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(細かなヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 濃州関住兼重作、希少な年紀入りで地刃の鍛え美しい優品、『続徳川実紀第一篇』並びに『島津家売立目録』所載の島津家伝来品です。
 兼重は関七流善定派の刀工で、初代を永享とし、以降文安、長享、永正、享禄、永禄、天正と同銘が数代に渡っています。
 善定派は、大和手掻包吉が関に移住して兼吉と改銘したのが始まり、それ故に直刃を主とし、鍛えには柾が目立ち、焼き刃にはほつれ、二重刃、喰い違い刃、刃中砂流しが掛かるなど、手掻風を思わせる作が多く見られます。
 本作は少し区を送っていますが、寸法二尺二寸五分、何とも上品な造り込みで地刃健やかな優品です。
 年紀がほとんど見られない関物にあって、『享禄元年二月日』の年紀は大変希少。板目に柾肌の目立つ精良な地鉄、焼き刃も喰い違い刃、二重刃風の沸筋頻りに掛かるなど、刃縁の変化が素晴らしく、銘を見なければ美濃物とは思えず、  正に古作大和物を見るかのような古調な出来映えです。
 特筆すべきは、本刀は文化元年十月四日(一八〇四年)、薩摩藩第十代藩主島津斉興が元服の際に、第十一代将軍徳川家斉より拝領した島津家の伝来品であるということです。
 『続徳川実紀第一篇』にも記載されており、その当時の古鞘も付属しています。
 実紀によると、元服に際して斉興は、家斉公より『斉』の字を賜り、それまでの忠温から斉興へ改名、御盃と共に美濃国兼重の刀を賜ったとあります。古鞘にも同様の旨が記されており、一番下に『御譲三番(おゆずりさんばん)』とあります。これは同家に伝わる下賜品、贈答品、献上品を収めておく箱のことで、一から三番まであり、藩政時代はその三番箱に収められていたという意です。
 裏には『二九五』番の札が貼られていますが、これは『島津家売立目録』の掲載番号です。
 『島津家売立目録』とは、島津家が家宝を売り立てに出した際の目録であり、正式には『公爵島津家蔵品入札目録』と言います。
 時代が変わって昭和二年、金融恐慌の煽りを受けて財政難に陥った島津家、その第三十代当主であった公爵島津忠重は、先祖代々伝わる家宝を昭和三、四年の二回に渡って、東京美術倶楽部で売り立てに出しました。勿論本刀も目録の『二九五』番として写真と共に掲載されています。貼り札に赤印が押されており、消え掛けていますが、『袖ヶ崎・・・道具方』などと読めますので、その頃には東京芝区袖ヶ崎(現東京都品川区東五反田)にある、旧島津家袖ヶ崎邸(現清泉女子大学本館)に収められていたことが分かります。
 本刀の足跡が記された大変貴重な古鞘、特別保存鑑定書にも『(附)古鞘』と明記されており、その所伝を認めています。この度白鞘を新調し、つなぎを入れて鞘書きもして頂きました。
 島津家伝来の濃州関住兼重、これは大珍品であり、歴史的遺産です。







 










【売約済】商品番号:V-1787  刀 濃州関住兼重 特別保存刀剣鑑定書付き 『続徳川実紀第一篇』並びに『島津家売立目録』所載品 古鞘有り 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ