短刀 相州住正廣(村正を正廣に改鏨)
(そうしゅうじゅうまさひろ)


Tanto:Sousyuju Masahiro



古刀・伊勢 室町末期 最上作
保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:28.7(九寸五分弱) 反り:0.3 元幅:2.90 元重ね:0.53 穴3



 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 鍛え、小板目に板目、杢目を交えて良く詰み、地色明るく、ほのかに乱れ映り立ち、細かな地景入り、地鉄精良。 刃文、丁子乱れを主体とし、互の目、蛙子丁子を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、足、葉繁く入り、刃中金筋、砂流し頻りに長く掛かって、所々飛び焼き交じる。 帽子、湾れ調で先尖り心に僅かに返る。 茎大磨り上げ、先浅い栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 遂に出ました妖刀村正、箱刃乱れの典型作、江戸期の村正帯刀禁止令を物語る 大変貴重な改鏨銘です。
 愛刀家の方でなくとも、一般的に良く知られるのが千子村正であり、その知名度は正宗、虎徹、清麿に並びます。徳川家に多くの禍をもたらしたことから、『抜けば血を見ずには治まらぬ妖刀村正』と恐れられ、徳川家には忌み嫌われ、江戸時代には大名、旗本も所持することを禁じられたと伝わっています。その一方で、徳川家に恨みを持つ外様大名らは、『無銘』又は『廣正』、『正廣』などと改鏨するなどして秘かに愛用、特に幕末期には、徳川家に祟るとの伝説から勤皇の志士達に好まれ人気を博したとも云います。
 そして何と言っても万人を魅了して止まないのはその凄まじい斬れ味ですが、徳川家に忖度したためか、江戸時代に作られた業物位列には入っていません。ただ虎徹と同等かそれ以上、本来であれば間違いなく最上大業物にその名を連ねる刀工です。
 同銘が数代に渡りますが、特に初二代が有名で、初代を文亀、二代を天文頃としています。初二代の代別は、その銘振り、作風、茎仕立て等によって明確に区別することが出来ます。
 本作は二代村正、寸法九寸五分弱の三つ棟短刀、茎の銘をご覧頂ければ分かるように、これが世に言う『改鏨村正』です。
茎を仔細に見ると、『村』を『住』に改鏨し、前後に『相州』と『廣』の字を切り加えてあるのが見て取れます。
 刀剣史上、銘の改鏨が許されるのは村正ただ一人であり、探山先生鞘書きにも、『江戸期に於ける村正帯刀禁止令を物語る好資料と言うべき茎仕立。』とあります。
 板目肌やや沈み勝ちに詰み、所々流れ心に上品に肌立つ綺麗な地鉄は、白け映り判然と立ち、細かな地景が入っています。
 箱掛かった互の目乱れを主体とした焼き刃は、小互の目、尖り風の刃を交え、焼きに高低があり、刃縁匂い深く、やや沈み勝ちに締まっています。
 表裏の刃文が良く揃い、焼きの低い箇所はやや欠け出し気味となるなど、銘を見なくても村正と分かる出来、鞘書きにも『同工典型的且つ出色の出来栄えを示すもの也。』とあります。表に行の俱利伽羅、裏に長梵字と蓮台の彫りもあります。
 『改鏨村正』の存在は、古来より伝わる妖刀村正伝説の一つとして、話だけは良く聞きますが、現物を目の当たりにする機会は滅多になく、『改鏨村正』を装った偽物も山ほどあります。
 そういう意味では、本作のように鑑定書、鞘書きまでピシッと揃った同工典型作は極めて貴重、次は何時出て来るのか皆目見当も付きません。
 村正コレクションには絶対に加えて頂きたい逸品です。












【鑑定中】商品番号:V-1821 短刀 相州住正廣(村正を正廣に改鏨) 保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥5,500,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ