太刀 守家(畠田)
(もりいえ)


Tachi:Moriie



古刀・備前 鎌倉中後期 最上作
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:69.7(二寸三寸) 反り:1.4 元幅:2.88
先幅:1.53 元重ね:0.64 先重ね:0.30 穴4




鎬造り、鎬高く庵棟低い、小切っ先。 鍛え、板目肌詰み、所々流れ心に肌立ち、地沸微塵に厚く付き、細かな地景繁く入り、乱れ映り鮮明に立ち、地鉄良好。 刃文、互の目丁子を主体とし、所々蛙子丁子、袋丁子、互の目、小丁子を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく、刃中葉、小足繁く入り、繊細な金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で大丸風となり、先焼き詰める。 茎磨り上げ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 畠田一派は、長船村に隣接した畠田の地、現在の岡山県備前市畠田に住して鍛刀した鍛冶集団です。その祖は守近とされていますが、作品が皆無のため、守家を事実上の祖とし、子に真守がいます。
 最盛期は鎌倉中期から南北朝期に掛けて、作風は同時期の長船鍛冶に近似しますが、丁子刃の腰が極端にくびれた『蛙子丁子』が特徴であり、一派の代名詞にもなっています。
 本作は守家の大変貴重な在銘正真作、寸法二寸三寸、反りやや浅めに付いた、しなやかで上品な鎌倉太刀です。
 前述のように、守家は一派に於ける事実上の祖、その活躍期は鎌倉中後期、長船光忠、長光とほぼ同時期に当たり、年紀作としては唯一、『備前国長船住守家造 文永九年壬申二月廿五日(一二七二年)』と銘のある重要文化財指定の太刀が残されています。
 銘は『守家』、『守家造』、『備前国長船住守家造』などと切り、銘の大きさも、大振りなものから小振りなものまでありますが、それによって時代分けすることは困難です。
 茎尻付近に二字銘がありますが、守家は基本、生ぶ穴のすぐ上に銘を切りますので、銘の位置からから考えると、四寸程磨り上がっており、元来は二尺七寸を超える大太刀であったことが分かります。探山先生鞘書きにも、『数種ある銘振りの一例也。』とあるように、大振りなものと小振りなものの丁度中間的な銘振りと鑑せられます。
 板目肌詰み、地沸がびっしりと敷き詰められた地鉄は、所々流れ心に肌立ち、細かな地景繁く入り、乱れ映りが鮮明に立っています。
 互の目丁子を主体とした焼き刃は、所々蛙子丁子、袋丁子、互の目、小丁子を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小足繁く入り、繊細な金筋、砂流しが掛かっています。
 八百年近く前の作ですので、地刃に総体的な研ぎ減りは多少ありますが、守家の在銘正真作は中々お目に掛かりませんし、本誌でも初掲載、色んな意味で中々面白いと思います。
 畠田一派の棟梁、守家による、上品で美しい鎌倉期の備前太刀です。


















【売約済】商品番号:V-1883 太刀 守家(畠田) 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年4月号
(3
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ