刀 於南紀重国造之(初代)
(なんきにおいてしげくにこれをつくる)


Katana:Nanki Shigekuni



新刀・紀伊 江戸初期 最上作 良業物
第六十二回重要刀剣指定品




刃長:75.0(二尺四寸八分弱) 反り:2.0 元幅:3.44
先幅:2.24 元重ね:0.89 先重ね:0.65 穴1




鎬造り、鎬すこぶる高く庵棟高い、中切っ先やや詰まる。 鍛え、板目に杢目交じり、地色明るく、所々流れ心に上品に肌立ち、地沸厚く付き、細やかな地景をふんだんに配し、地鉄概ね精良。 刃文、直湾れ調で、刃縁沸匂い帯状に良く付いて明るく冴え、ほつれ、打ちのけ掛かり、喰い違い刃、二重刃風の沸筋入り、刃中小互の目足、葉入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、表は直調で食い違い風となり、先大丸風、裏は直調で先小丸風、共に僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下り。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 南紀重国(初代)の重要刀剣、新刀最上作、同工後期作の『紀州打ち』、大和伝の典型を示した優品、長尺豪壮で重量感溢れる新刀重要です。
 初代重国は九郎三郎と称し、大和手掻派の末裔鍛冶であると伝わり、幕末まで続く文珠鍛冶の筆頭として活躍した名工で、同銘が幕末まで十一代に渡ります。
 重国は慶長十五年頃、徳川家康の命により、大和より駿府へ移り、初代康継と共に鍛刀、元和五年には、駿河、遠江の領主であった徳川頼宣(家康の十男で紀州徳川家の藩祖)が、紀州和歌山へ移った際に、共に従って移住しました。
 銘振りは、前期『駿府打ち』は、『和州手掻住重国於駿府造之』、『駿州住重国造之』、後期『紀州打ち』は、『於南紀重国造之』、『於紀州和歌山重国作』などと切ります。同工年紀作はほとんど見られないため、正確な作刀期間、生没年も定かではありませんが、慶長から寛永頃までとされています。
 その作風は、大別して二様あり、一つは、相州上工、中でも江(郷)に私淑したと思われる湾れに互の目交じりの乱れ刃、もう一つは、その出自とされる大和手掻派の祖である包永の作風を継承した直刃があり、総じて直刃調の作が多く見られます。
 本作は平成二十八年、第六十二回重要刀剣指定品、寸法二尺四寸八分弱、鎬すこぶる高く、反りやや深め、身幅、重ねガシッとして、持った瞬間に新刀とは思い難い重みが伝わってきます。ここまで重量感のある新刀重要は滅多にお目に掛かりません。
 年紀はありませんが、その銘振りから紀州へ移った元和五年以降の後期作、いわゆる『紀州打ち』であることが分かります。
 板目に杢目を交えた精良な地鉄は、地色明るく冴え、所々流れ心に上品に肌立ち、細やかな地景をふんだんに配し、直湾れ調の焼き刃は、刃縁に沸匂いが帯状に付いて明るく冴え、ほつれ、打ちのけ掛かり、喰い違い刃、二重刃風の沸筋入り、刃中小互の目足、葉入り、金筋、砂流しが掛かっています。 
 一門の御家芸、手掻包永を彷彿とさせる大和伝直刃の典型ですが、地刃の明るさ、冴えは目を見張るものがあり、且つ古調な地刃は、無銘であれば、古い大和物に紛れてしまうような雰囲気もあります。
 また同工の場合、本作のように二尺五寸近くある作も多いため、後年磨り上げられているケースもままありますが、本作は完全に生ぶで穴も一つです。
 図譜には、『この刀は、長寸で身幅広く、手持ちも重い豪壮な一口で、地刃共に明るく冴えた 重国の大和伝の典型作である。』とあります。
 これ正に初代南紀重国の代表作、これ程重い南紀は見たことがありません。凄い新刀重要です。
















【売約済】商品番号:V-1889 刀 於南紀重国造之(初代) 第六十二回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年5月号
(4
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ