短刀 国光(新藤五)
(くにみつ)


Tanto:Kunimitsu(Shintougo)



古刀・相模 鎌倉末期 最上作
拵え付き 古鞘有り
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:26.2(八寸六分強) 反り:僅かに内反り 元幅:2.27 元重ね:0.45 穴2



平造り、三ッ棟低い。 表は梵字に素剣、裏は梵字に護摩箸をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目流れ心に肌立ち、小板目交じり、地沸厚く付き、沸映り立ち、地鉄良好。 刃文、細直刃調で、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく、細かなほつれ掛かる。 帽子、直調で、先小丸に浅く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢不明。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り(古鞘有り)。 合口拵え(現代作 鞘 黒の呂鞘 返り角あり 入れ子鞘付 小柄、赤銅研磨地、据文象嵌色絵、定規に桐紋図 柄 親鮫の黒塗り出鮫柄 縁、角 頭、黒に朱のライン入り 出し目貫、赤銅魚子地金色絵桐紋図)付き。



【コメント】
 新藤五国光の在銘短刀、相州鎌倉鍛冶の事実上の祖、粟田口藤四郎吉光と並ぶ短刀の名手が、その本領を存分に示した典型作、大変貴重な現存作です。
 国光は、粟田口国綱の子と伝わる相州鎌倉鍛冶で、名物短刀『会津新藤五』など国宝三口、重要文化財十五口、名物短刀『乱新藤五』など重要美術品の八口を数えます。国宝三口を始め、これらの指定品はほぼ短刀のみ、短刀の名手としても名高く、親類関係にある粟田口藤四郎吉光と双璧を成す鎌倉末期の名工です。
 特に行光、正宗、則重の師として彼らを育成したことは、後世への影響力を考えれば偉大なる功績と言えます。子に国廣がおり、南北朝期になると、門下からは相州廣光、秋光、長谷部国重なども輩出しています。
 一般的に相州鎌倉鍛冶の草分け的存在と言えば、同工の父とされる粟田口国綱、備前三郎国宗、一文字助真ですが、国光には『鎌倉住人新藤五国光作 永仁元年十月三日(一二九三)』と銘のある重要文化財短刀も残されているように、銘文に居住地、年紀を刻していること、前述した新藤五門下の顔ぶれを見ても、相州鎌倉鍛冶の事実上の祖が国光であることは明白です。
 活躍期は、永仁(一二九三~九九年)から正中(一三二四~二六年)頃までとされており、前述の『永仁元年』が同工最古の年紀になります。 
 作風は、粟田口一派を思わせる小板目の詰んだいわゆる梨子地肌に、地景、湯走り、沸映り等、地沸の働きが多彩で、刃文は直刃を得意とし、糸、細、中、広直刃など多様で、ほつれ、金筋、稲妻等、光りの強い刃沸が見所となります。前述の『乱新藤五』だけは、下半が小互の目乱れになっていますが、乱れ刃はこれ以外皆無に等しいかと思います。彫り物は素剣、梵字、護摩箸、腰樋など簡素なものを見ます。
 本作は寸法八寸六分強、僅かに内反り、三ッ棟の何とも上品な造り込みで、茎には鮮明且つ典型的な二字銘が刻まれています。数種ある銘振りの内、嘉元四年(一三〇六)の年紀がある短刀に近いものと鑑せられます。
板目流れ心に肌立ち、小板目を交えた地鉄は、沸映り立ち、細直刃調の穏やかで上品な焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく、細かなほつれが掛かっています。 
 表は梵字に素剣、裏は梵字に護摩箸があり、簡素ながら品のある味わい深い良い彫り物です。
 鎌倉末期の在銘品、総体的に多少研ぎ減りも見られますが、姿の崩れ、大きな疵はありません。
 古鞘の一番下に『三番』とあるのは、それぞれの大名家等に伝わる下賜品、贈答品を収めておく箱の番号で、通常一から三番まであり、藩政時代はその『三番箱』に収められていたという意です。にわかには家名までわかりませんが、本刀が代々大切に受け継がれてきたことが分かります。
 五三桐紋金具でまとめられた合口拵えもピシッと整っており、大変気持ちの良い作です。
 新藤五国光の在銘短刀は、滅多にお目に掛かりません。これが相州鍛冶の事実上の祖、短刀の名人と謳われる名工の希少な現存品、これは狙い目です。
















商品番号:V-1907 短刀 国光(新藤五) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 古鞘有り

価格: ¥7,300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年9月号
(8
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ