太刀 助吉(古一文字)
(すけよし)


Tachi:Sukeyoshi



古刀・備前 鎌倉初期
第二十五回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:69.8(二尺三寸強) 反り:1.8 元幅:2.75
先幅:1.68 元重ね:0.61 先重ね:0.35 穴4




鎬造り、鎬高め庵棟低め、小切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々やや流れて肌立ち、地沸良く付き、乱れ映り立ち、地鉄良好。 刃文、湾れ調の刃取りで小丁子、小互の目、小乱れを交え、刃縁小沸良く付き、刃中小足、葉入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で小丸に返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢筋違い。 金無垢二重ハバキ(輪違い紋の陰刻有り)。 時代最上研磨。 白鞘入り。




【コメント】
古一文字助吉の貴重な在銘重要刀剣、優美な鎌倉初期の備前太刀、『後鳥羽院御番鍛冶』を多数輩出した同派の代表鍛冶による典型作優品です。
古一文字とは、鎌倉初期に興った福岡一文字一派にあって、その最初期に活躍した鍛冶の総称で、同派事実上の祖である則宗を始め、延房、宗吉、助宗、行国、助成、助延などが有名です。この頃の作風は、鎌倉中期の華やかな丁子刃ではなく、それ以前までの古備前派の作風を踏襲しながらも、一文字派特有の小丁子を主調とした古雅で味わいのある作風を本位としています。また前述の七名は、かの有名な『後鳥羽院御番鍛冶』を務めた名工達です。番鍛冶十二名の内、同派から七名選出されていることが、その高い技量を如実に物語っています。これら御番鍛冶を中心として生まれた一文字丁子は、焼き刃として最高芸術であると評されています。
本作は昭和五十二年(一九七七)、第二十五回の重要刀剣指定品、寸法二尺三寸強、磨り上げながら腰反り付いて踏ん張りがあり、小峰に結んだスタイルは、鎌倉初期を下らない優美な太刀姿を示しています。
佩表茎尻付近には、大振りで味のある二字銘が鮮明に残されています。一派の銘切りスタイルからして、生ぶ穴は銘のやや下にあったものと考えられますので、元来は二尺七寸程であったことが分かります。
小板目肌良く詰み、所々やや流れて肌立つ地鉄は、乱れ映り鮮明に立ち、湾れ調の刃取りで小丁子、小互の目、小乱れを交えた焼き刃は、刃縁小沸良く付き、刃中小足、葉入り、金筋、砂流し掛かる出来です。
特にこの映りは大きな見所で、仔細に見ると、鎬から刃に向かって映りが降りて来ている感じが分かるかと思いますが、地の一部が暗帯を伴って黒く見えるような映りの出方は、『平安末期乃至(ないし)鎌倉初期』の古い時代の太刀にしか見られない映りです。
図譜には、『この太刀は、福岡一文字助吉在銘の太刀であり、一見して地刃の出来が古調で、古備前の直ぐ後にくる鎌倉初期の古一文字と分かるものである。茎尻にある銘も味があり、地刃の出来も良く健全である。』、探山先生鞘書きには、『助吉は吉岡一文字にも存在するが、本工は鎌倉初期の福岡一文字、即ち古一文字助吉で、特徴的な指頭形の暗部の目立つ地斑映り、小丁子主体の焼き刃に古一文字らしさが示された同工の代表的優品である。』とあります。
重厚な金無垢二重ハバキには、輪違い紋の陰刻を施すなど、付属品も超一級、おそらくは由緒正しき名家の伝来品に違いありません。
小模様ながら品のある小丁子に、間もなく最盛期を迎える華美な一文字丁子の萌芽が垣間見える逸品、鮮明且つ大振りな銘も大変貴重、古一文字助の格調高き名作です。


















【売約済】商品番号:V-1963 太刀 助吉(古一文字) 第二十五回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2022年10月号
(9
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ