刀 (金象嵌銘)景秀(長船)
(かげひで)
本阿(花押)(本阿弥光忠)


Katana:Kagehide



備前 鎌倉中期
第二十九回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:69.3(二尺二寸九分弱) 反り:2.3 元幅:2.90
先幅:1.90 元重ね:0.70 先重ね:0.46 穴3




鎬造り、鎬高く庵棟低め、中切っ先やや詰まる。 鍛え、板目に杢目を交えて良く詰み、所々流れて肌立ち、地沸良く付き、地景入り、乱れ映り立ち、地鉄良好。 刃文、丁子乱れ主体に、小丁子、小互の目、小乱れ、尖り風の刃を交え、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小足良く入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、乱れ込んで先掃き掛ける。  茎大磨り上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。
長船景秀(金象嵌銘)の重要刀剣、最高権威本阿弥光忠の金象嵌極め、長船光忠の弟による美しい丁子刃の典型作優品です。




【コメント】
長船景秀は、古来より光忠の弟と伝わる名工、鎌倉中期頃を活躍期としており、在銘品は僅少です。 作風は、切っ先猪首風に詰まって身幅広い鎌倉中期の太刀姿が多く、光忠同様に華やかな丁子乱れ主体の刃を得意としており、焼き幅広く 出入りが目立ち、中には鎬に掛かる程焼きが高い作も見られます。光忠よりも乱れの間隔が詰まり、尖り刃が目立つのも特徴です。
同工の代表作と言えば、重要文化財指定の名物『くろんぼ斬り景秀』、磨り上げながら稀少な在銘太刀(二尺四寸一分)です。豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の際に、伊達政宗が佩用したと云う名品中の名品、同家伝来品で『享保名物帳』所載品です。『くろんぼ』とは『黒坊』、『黒奴』などと表記し、諸説ありますが、政宗が慶長の役の蔚山(ウルサン)城攻めの際に、猿を斬ったためとも云われています。
本作は昭和五十七年(一九八二)、第二十九回の重要刀剣指定品、茎には『景秀 本阿(花押)』と本阿弥光忠の金象嵌極めがあります。
寸法二尺二寸九分弱、切っ先やや詰まり気味で反り高い勇壮な鎌倉中期の備前太刀です。
板目に杢目を交えて良く詰み、所々流れて肌立つ地鉄は、乱れ映りが判然と立ち、丁子乱れ主体に、小丁子、小互の目、小乱れ、尖り風の刃を交えた刃文は、焼きの間隔が詰まり、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小足良く入り、金筋、砂流し掛かる出来で、焼き刃の柔らかさと明るさは兄譲り、同派の特色と美点が存分に示されています。
金象嵌銘を施した光忠は、本阿弥本家十三代当主、折紙は元禄九年~享保十年まで残されており、同年九月没。その光忠が晩年の享保四年、八代将軍吉宗の命により編纂したのが、かの有名な『享保名物帳』です。その光忠が茎に金象嵌で極めを入れるわけですから、折紙よりも更に権威があります。故に古来より有識者の間では、『十三代光忠までの金象嵌銘は在銘と同等である。』との見解もあります。やや剥落していますが、やはり光忠の金象嵌銘は重みが違います。
探山先生鞘書きには、『本刀は、その作風様式が代表作くろんぼ斬りを思わせるもので、光忠の極めは正に妥当、味わい深き優品也。』とあります。
本阿弥光忠が太鼓判を押した長船景秀の典型作優品、鎌倉中期に於ける長船派代表工の華やかな乱れ刃を堪能出来る逸品です。











【売約済】商品番号:V-1982 刀:(金象嵌銘)景秀(長船) 本阿(花押)(本阿弥光忠) 第二十九回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年2月号
(1
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ