刀 平信秀(栗原信秀)
(たいらののぶひで)
文久三年二月日(一八六三)


Katana:Tairano Nobuhide



新々刀・武蔵 江戸最末期 拵え付き
第十三回重要刀剣指定品
寒山先生鞘書き有り
『栗原信秀の研究』所載品

刀 平信秀(栗原信秀)
(たいらののぶひで)
文久三年二月日(一八六三)


Katana:Tairano Nobuhide



新々刀・武蔵 江戸最末期 拵え付き
第十三回重要刀剣指定品
寒山先生鞘書き有り
『栗原信秀の研究』所載品




刃長:71.4(二尺三寸六分弱) 反り:2.1 元幅:3.05
先幅:2.38 元重ね:0.65 先重ね:0.48 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、大切っ先やや鋭角となる。 表裏共に棒樋を丸留めにし、腰元に表は草の倶利伽羅、裏は梵字の自身彫り。 鍛え、板目に杢目を交えて肌立ち、地沸厚く付き、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とし、やや角張った刃、小互の目、尖り風の刃を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中葉、互の目足繁く入り、金筋、砂流し烈しく掛かる。 帽子、乱れ込んで焼き深く沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ(一部着せに剥がれ有り)。 時代最上研磨。 白鞘入り。 打ち刀拵え(近代作 全長100.8 柄長23.7 鞘 黒の呂鞘に金の五三桐紋金蒔絵 栗型、金しとどめ、下げ緒、卯の花に藍の矢絣模様 柄 親鮫に黒柄巻 縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵 桐紋図 目貫、赤銅金色絵、桐紋三双図 鍔 赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、金覆輪、桐紋散し図)付き。


【コメント】
栗原信秀の重要刀剣、清麿一門らしい雄壮な造り込みに烈しい地刃の出来、見事な自身彫り、『栗原信秀の研究』所載品です。
栗原信秀は、文化十二年、現在の新潟市南区月潟付近に生まれ、文政十二年に上洛して鏡師として活躍した後、嘉永三年に江戸へ出て二歳年上の清麿門に入りました。嘉永五年には独立、嘉永六年八月から七年に掛けて、黒船のペリー来航で沸いた相模国浦賀、元治元年八月から慶応三年正月までは大坂今宮でも鍛刀、それぞれ『浦賀打ち』、『大坂打ち』とも呼ばれます。
慶応元年、『筑前守』を受領、年紀作に見る活躍期は、嘉永五年五月から明治十年十一月まで、明治十三年、東京本郷元町宅にて六十六歳で没。
作風は、師同様に互の目乱れを主体とした覇気溢れるものが多く、その技量は清麿門下中卓抜したものがあり、師に迫る名品を数々生み出しています。
彫りの名人としても有名で、越前記内、本荘義胤などに範を取り、それを独自展開した斬新な作が多く見られ、月山貞一、本荘義胤と共に、幕末の『三大名人』と呼ばれます。有名な意匠が天鈿女命(あまのうずめのみこと)、次いで草の倶利伽羅、昇り龍、下り龍、梵字、不動明王、矜羯羅童子(こんがらどうじ)、制多迦童子(せいたかどうじ)、風神、須佐之男命(すさのおのみこと)、大黒天などがあります。
また同工の場合、自身彫りであっても、『彫同作』を入れてないケースの方が多いため、彫りの出来、意匠、手癖等を慎重に見極める必要があります。
銘振りの変遷として、最初期は『信秀』、嘉永七年二月から文久二年八月までは、『栗原謙司信秀』、文久三年正月から元治二年二月までは、『平信秀』若しくは『信秀』、この頃は銘も大振りで、茎の長い作が多く見られます。『筑前守』を受領後、慶応元年四月から同四年六月までは、『筑前守信秀』銘が主で、明治元年からは、『栗原筑前守平朝臣信秀』なども加わります。
本作は昭和四十年(一九六五)、第十三回の重要刀剣指定逸品で『栗原信秀の研究』にも所載されている同工代表作、自身彫りのある貴重な現存作です。
文久三年、同工四十九歳の頃の作、寸法二尺三寸六分弱、大切っ先鋭角となり、反りやや深めに付いたスタイルは、清麿一門らしい雄壮な一振りで、地刃もすこぶる健全です。
互の目乱れを主体とし、やや角張った刃、小互の目、尖り風の刃を交えた刃文は、刃縁明るく冴え、刃中金筋、砂流し烈しく掛かる出来です。
沸厚き烈しい互の目乱れは、師伝を良く継承しており、特に刃中を貫く黒光りするような烈しい金筋こそ清麿一門の真骨頂、角張る刃、尖り心の刃を交える点に同工の個性も良く示されています。
特筆すべきは彫り物、表裏共に棒樋を丸留めにし、腰元に表は草の倶利伽羅、裏は梵字の自身彫りがあります。表裏の棒樋の入れ方には同工の手癖が良く出ており、倶利伽羅は、長船兼光、倫光辺りに見られる備前彫りを参考にしたものと鑑せられます。
寒山先生鞘書きには、『出来宜しく珍重すべき一振り 子孫千載の宝』、図譜には、『地刃の出来が優れ、彼としては簡素な刀身彫刻も誠に見事である。』、『栗原信秀の研究』にも『信秀の典型作で、且つ出来が良く、彼独特の倶利伽羅は、添え銘はないが、自身彫りに紛れがなく、誠に見事である。』とあります。
古い登録証は昭和二十六年の長野登録、同工円熟期に於ける代表作、見事な自身彫り、『栗原信秀の研究』所載品となれば言うことはありません。これは強くお薦め致します。

























刃長:71.4(二尺三寸六分弱) 反り:2.1 元幅:3.05
先幅:2.38 元重ね:0.65 先重ね:0.48 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、大切っ先やや鋭角となる。 表裏共に棒樋を丸留めにし、腰元に表は草の倶利伽羅、裏は梵字の自身彫り。 鍛え、板目に杢目を交えて肌立ち、地沸厚く付き、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とし、やや角張った刃、小互の目、尖り風の刃を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中葉、互の目足繁く入り、金筋、砂流し烈しく掛かる。 帽子、乱れ込んで焼き深く沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ(一部着せに剥がれ有り)。 時代最上研磨。 白鞘入り。 打ち刀拵え(近代作 全長100.8 柄長23.7 鞘 黒の呂鞘に金の五三桐紋金蒔絵 栗型、金しとどめ、下げ緒、卯の花に藍の矢絣模様 柄 親鮫に黒柄巻 縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵 桐紋図 目貫、赤銅金色絵、桐紋三双図 鍔 赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、金覆輪、桐紋散し図)付き。


【コメント】
栗原信秀の重要刀剣、清麿一門らしい雄壮な造り込みに烈しい地刃の出来、見事な自身彫り、『栗原信秀の研究』所載品です。
栗原信秀は、文化十二年、現在の新潟市南区月潟付近に生まれ、文政十二年に上洛して鏡師として活躍した後、嘉永三年に江戸へ出て二歳年上の清麿門に入りました。嘉永五年には独立、嘉永六年八月から七年に掛けて、黒船のペリー来航で沸いた相模国浦賀、元治元年八月から慶応三年正月までは大坂今宮でも鍛刀、それぞれ『浦賀打ち』、『大坂打ち』とも呼ばれます。
慶応元年、『筑前守』を受領、年紀作に見る活躍期は、嘉永五年五月から明治十年十一月まで、明治十三年、東京本郷元町宅にて六十六歳で没。
作風は、師同様に互の目乱れを主体とした覇気溢れるものが多く、その技量は清麿門下中卓抜したものがあり、師に迫る名品を数々生み出しています。
彫りの名人としても有名で、越前記内、本荘義胤などに範を取り、それを独自展開した斬新な作が多く見られ、月山貞一、本荘義胤と共に、幕末の『三大名人』と呼ばれます。有名な意匠が天鈿女命(あまのうずめのみこと)、次いで草の倶利伽羅、昇り龍、下り龍、梵字、不動明王、矜羯羅童子(こんがらどうじ)、制多迦童子(せいたかどうじ)、風神、須佐之男命(すさのおのみこと)、大黒天などがあります。
また同工の場合、自身彫りであっても、『彫同作』を入れてないケースの方が多いため、彫りの出来、意匠、手癖等を慎重に見極める必要があります。
銘振りの変遷として、最初期は『信秀』、嘉永七年二月から文久二年八月までは、『栗原謙司信秀』、文久三年正月から元治二年二月までは、『平信秀』若しくは『信秀』、この頃は銘も大振りで、茎の長い作が多く見られます。『筑前守』を受領後、慶応元年四月から同四年六月までは、『筑前守信秀』銘が主で、明治元年からは、『栗原筑前守平朝臣信秀』なども加わります。
本作は昭和四十年(一九六五)、第十三回の重要刀剣指定逸品で『栗原信秀の研究』にも所載されている同工代表作、自身彫りのある貴重な現存作です。
文久三年、同工四十九歳の頃の作、寸法二尺三寸六分弱、大切っ先鋭角となり、反りやや深めに付いたスタイルは、清麿一門らしい雄壮な一振りで、地刃もすこぶる健全です。
互の目乱れを主体とし、やや角張った刃、小互の目、尖り風の刃を交えた刃文は、刃縁明るく冴え、刃中金筋、砂流し烈しく掛かる出来です。
沸厚き烈しい互の目乱れは、師伝を良く継承しており、特に刃中を貫く黒光りするような烈しい金筋こそ清麿一門の真骨頂、角張る刃、尖り心の刃を交える点に同工の個性も良く示されています。
特筆すべきは彫り物、表裏共に棒樋を丸留めにし、腰元に表は草の倶利伽羅、裏は梵字の自身彫りがあります。表裏の棒樋の入れ方には同工の手癖が良く出ており、倶利伽羅は、長船兼光、倫光辺りに見られる備前彫りを参考にしたものと鑑せられます。
寒山先生鞘書きには、『出来宜しく珍重すべき一振り 子孫千載の宝』、図譜には、『地刃の出来が優れ、彼としては簡素な刀身彫刻も誠に見事である。』、『栗原信秀の研究』にも『信秀の典型作で、且つ出来が良く、彼独特の倶利伽羅は、添え銘はないが、自身彫りに紛れがなく、誠に見事である。』とあります。
古い登録証は昭和二十六年の長野登録、同工円熟期に於ける代表作、見事な自身彫り、『栗原信秀の研究』所載品となれば言うことはありません。これは強くお薦め致します。






















【売約済】商品番号:V-1987 刀 平信秀(栗原信秀)  文久三年二月日(一八六三) 第十三回重要刀剣指定品 寒山先生鞘書き有り 『栗原信秀の研究』所載品  拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2023年2月号
(1
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ