太刀 助長(長船)
(すけなが)


Tachi:Sukenaga



古刀・備前 鎌倉末期 最上作
第三十四回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り
『備前刀 長船鍛治の巨匠 長光展(佐野美術館)』展示及び図録掲載品




刃長:65.1(二尺一寸五分弱) 反り:1.6 元幅:2.54
先幅:1.64 元重ね:0.70 先重ね:0.46 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、小切っ先。 表裏共に棒樋があり、表は掻き通し、裏は掻き流す。 鍛え、小板目肌良く詰み、細かに流れて上品に肌立ち、地沸良く付き、繊細な地景入り、丁子映り判然と現れ、地鉄精良。 刃文、細直刃調で、小互の目心の刃を交え、刃縁匂い勝ちに締まり、刃中小足入る。 帽子、湾れ込んで先小丸に返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢(旧)筋違い、(新)切り。 銅に金着せ二ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
長船助長の重要刀剣太刀、鮮明な丁子映り立つ直刃の名品、長光門人の稀少な現存作、地刃冴え渡る鎌倉末期の備前太刀です。
助長には二字銘が多く、その系統に付いてはっきりとしていませんでしたが、昭和四十六年(一九七一)に第二十回重要刀剣、平成十二年(二〇〇〇)に第十六回特別重要に指定された『備前国長船住助長作 正和元年二月日(一三一二)』銘の太刀の出現によって、同工が長光門下の刀工で、年代的には真長や景光らと同時代の長船鍛冶であることが分かりました。
作風は、小板目詰んだ精良な地鉄に鮮やかな乱れ映り立つ鍛え、刃文は、直刃調で小丁子、小互の目、小湾れを交えて刃縁の締まった出来、帽子はいわゆる『三作帽子』となるなど、長光の晩年作を思わせる出来です。
『三作帽子』とは、帽子の焼きが、本作のように湾れ込んで先が小丸に返ったもので、長光、弟の真長、子の景光の帽子が同様であることから、そう呼ばれていますが、今日では長光門人の近景も含めています。ただ近景の場合、それがやや誇張的であること、長光の場合、晩年の直刃調の作に多いことなどもポイントです。
本作は 昭和六十三年(一九八八)、第三十四回の重要刀剣指定品で、翌平成元年には、佐野美術館にて開催された、『備前刀 長船鍛治の巨匠 長光展』の展示及び図録掲載品にもなっています。
茎尻付近に銘が残っており、この直ぐ下辺りに生ぶ穴があったものと思われます。故に五寸程磨り上がっており、元来は二尺六寸を優に超える寸法であったことが分かります。
丁子映りが判然と現れた精良な地鉄、細直刃調で小互の目心の刃を交えた刃文は、刃縁匂い勝ちに締まり、刃中小足入る出来、帽子も典型的な『三作帽子』になっています。
仮に無銘ならば、長光の晩年作として極められても不思議ではありません。
鎌倉期の備前物で、綺麗な直刃を好まれる方にはたまらない逸品です。
探山先生鞘書きにも、『本工は、その地刃の出来からして、正に長光の晩年、嘉元(一三〇三~〇六)頃の作を見るが如し。銘字と併せて長光一門なるは紛れなし。彼の真面目を示す代表作也。』とあります。
棟梁長光を助けた長光工房の一人でありながら、真長、景光に比べ、立場上、自身作が少ないのは致し方ないでしょう。
同工在銘品は本誌初掲載ですが、本作を見る限り、真長や景光に勝るとも劣らない大変技量の高い刀工であったと確信します。
前述した『備前刀 長船鍛治の巨匠 長光展』に展示されるのも納得の実力者、長船助長の自信作、これは貴重な現存作になるでしょう。















【売約済】商品番号:V-2043 太刀 助長(長船) 第三十四回重要刀剣指定品 探山先生鞘書き有り 『備前刀 長船鍛治の巨匠 長光展(佐野美術館)』展示及び図録掲載品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ