刀 越前国下坂貞次
(えちぜんのくにしもさかさだつぐ)


Katana:Echizennokuni Shimosaka Sadatsugu



新刀・武蔵 江戸初期 拵え付き
第三十七回重要刀剣指定品
『日本刀随感 新刀編(片岡銀作著)』所載品




刃長:70.7(二尺三寸三分強) 反り:1.6 元幅:3.03
先幅:2.00 元重ね:0.72 先重ね:0.50 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目肌良く詰み、所々流れ心に上品に肌立ち、地沸厚く付き、地色やや黒みを帯び、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ主体に、丁子、小互の目、角張った刃を交え、刃縁良く沸付いて匂い深くやや沈み勝ちとなり、刃中互の目足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で焼きすこぶる深く、先小丸に返る。 茎生ぶ、先入山形、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。
打ち刀拵え(近代作 全長101 柄長24.3 鞘 茶の変わり塗呂鞘 栗型、こじり、鯉口は黒塗 下げ緒焦げ茶 柄 親鮫に薄茶柄巻 縁頭、赤銅魚子地象嵌色絵龍図 目貫、赤銅容彫色絵龍図 鍔 赤銅魚子地据紋象嵌金色絵 龍図)付き。  



【コメント】
越前国下坂貞次の重要刀剣、初代康継の右腕として活躍した一門の実力者による、覇気溢れる乱れ刃の傑作です。
貞次は、初代越前康継などと同様に、越前下坂鍛冶の代表工で、年紀作は皆無ですが、その出来、銘振り等からして、慶長から寛永初年頃の刀工とされます。
また康継同様、記内彫りが施されている作、康継の後援者でもあった本多飛騨守成重の立葵紋を切った作、『重胴及度々 末世剣是也』の添え銘ある作が見られるのに加えて、康継の下坂銘である、『越前国下坂』、『肥後大掾下坂』に同工の銘振りが近似していることなどから、康継の有力な側近の一人であり、本多飛騨守の手厚い保護を受けた刀工であったと考えられています。
作風も康継風を踏襲、やや黒み勝ちで杢目交じりの越前地鉄、浅い湾れを交えた直刃調に、互の目、尖り風の刃を交えたものを基本とし、同工の場合、特に丁子刃の目立つ点に見所があります。
本作は平成三年(一九九一)、第三十七回の重要刀剣指定品で、且つ『日本刀随感 新刀編(片岡銀作著)』にも所載されている同工傑出の一振りです。
互の目乱れ主体に、丁子、小互の目、角張った刃を交えた刃文は、刃縁良く沸付いて匂い深くやや沈み勝ちとなり、刃中互の目足入り、金筋、砂流し掛かるなど、前述したような同工の特徴的な作域を示しながら、特に焼きが高く華やかで、地刃も冴え渡っています。
新刀重要ですので、地刃の状態は素晴らしいものがあり、研ぎも抜群であることは言うまでもありませんが、いわゆる越前下坂系と呼ばれる鍛冶の中で、康継以外にも、これだけ上手な鍛冶がいることを再認識させられる一振りです。
初代康継に勝るとも劣らない卓抜した技量を存分に示した下坂貞次の代表作、赤銅地金具を使用した立派な外装付き、これはご満足頂ける逸品です。














商品番号:V-2045 刀 越前国下坂貞次 第三十七回重要刀剣指定品 拵え付き 『日本刀随感 新刀編(片岡銀作著)』所載品

価格: ¥3,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ