太刀(国宝山鳥毛写し) 於越後国義光作(大野義光)
(えちごのくににおいてよしみつつくる)
平成八年春吉日(一九九六)


Tachi:Echigonokuni Yoshimitsu



現代・東京
無鑑査刀匠




刃長:79.5(二尺六寸二分強) 反り:3.2 元幅:3.62
先幅:2.38 元重ね:0.92 先重ね:0.56 穴2




鎬造り、鎬高く庵棟低い、猪首切っ先。 表裏共に棒樋を掻き通す。 鍛え、小板目肌沈み勝ちに良く詰み、地沸細やかに付き、地鉄精良。 刃文、丁子乱れ主体で大房丁子、足長丁子、小丁子を交えて重花丁子風となり、刃縁匂い勝ちに明るく締まって冴え、刃中葉が頻りに入り、佩表腰元に島状の焼き入る。 帽子、乱れ込んで焼き深くほぼ一枚風となり、先掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先極浅い栗尻、鑢筋違い。 腰の低い銀古美仕立ての二重ハバキ(被せ部分は金鍍金)。 時代最上研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
無鑑査大野義光による国宝名物『山鳥毛』写し、天下第一の名刀を完全再現した名品で、同工最高傑作です。
義光は大野三男と言い、昭和二十三年、新潟県西蒲原郡黒埼町大野(現新潟市西区大野町)に生まれました。昭和四十四年、東京へ出て吉原義人、荘二門下に入り、昭和五十年には、新作名刀展に初出品、奨励賞を受賞、昭和五十一年に独立し、地元黒埼町(現新潟市西区)に鍛刀場を設立、昭和五十二年、結婚を機に吉川姓となり、東京に新居を構えました。以後昭和六十二年まで、新作名刀展に於いて、高松宮賞五回、努力賞四回、奨励賞、文化庁長官賞と毎年受賞、昭和六十二年六月、無鑑査に認定されました。
備前伝丁子刃の探究とその美しさに於いては他の追随を許さず、世上、『大野丁子』と呼称される華麗な丁子乱れを得意とします。中でも備前福岡一文字の最高傑作、国宝『山鳥毛』写しは、同工の大出世作であり、今や同工の代名詞にもなっています。
本作は正にその『山鳥毛』写し、平成八年、同工四十八歳の頃の作です。
勿論本歌は、越後米沢上杉家に伝来した生ぶ無銘の太刀、その丁子刃の華やかさに於いては他に類がなく、『天下第一の名刀』の称号をほしいままにしています。一説よると、刃文の乱れが山鳥の羽毛の如くであったことから名付けられたという山鳥毛、謙信が所有して以来、その存在を公にせず、決して世に出さない『御家(おいえ)名物』として同家に伝来、そのため『上杉家御手選(おてえらび)三十五腰』の一振りですが、享保名物帳などには記載されませんでした。
ちなみに本歌の『山鳥毛』は、令和二年(二〇二〇)三月より、その生誕の地とされる岡山県瀬戸内市の所有となっています。
寸法二尺六寸二分強、猪首切っ先で、腰反り高く踏ん張りのある豪壮なスタイルは、鎌倉中期の典型的な太刀姿を示しており、掻き通しの樋、穴の数、全て本歌を忠実に再現しています。
鎬筋を超える程華やかな重花丁子乱れ主体の刃文は、刃縁明るく締まって冴え、刃中丁子足、葉が間断なく入るなど、ほぼ平地を覆い尽くしています。佩表腰元には、独特な雲状の島刃が見られますが、これが山鳥毛写しの大きな見所となっています。










【売約済】商品番号:V-2046 太刀(国宝山鳥毛写し) 於越後国義光作(大野義光) 平成八年春吉日(一九九六) 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2024年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8258
岐阜県岐阜市西川手7丁目89
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ